あんな可愛い子が幽霊なわけないだろ

横断歩道

 

これは、父から聞いた話。

 

去年の冬頃、父は夜中にレンタルビデオを返しに出かけた。

 

帰って来ると、今さっき可愛い女の子に会った、と言う。

 

こんな夜中に出歩くなんて危ない子がいるなぁと言う父の話を聞いていると、何かおかしい

 

内容はこう。

 

自宅付近は寂びれた古い住宅街なので、夜中は車や人影が少ない。

 

なのに、歩道に高校生くらいの女の子がいたらしい。

 

背を向けて歩道の草むらに手を突っ込んでしゃがみ、何かを探しているような格好で。

 

それが横断歩道の脇だったので、ちょうど赤になった信号で車を止める父。

 

「キミ、何してるの?」

 

なんとなく話しかけた。

 

女の子「探しもの」

 

振り向きもせず、女の子はそう答えた。

 

「何を?」

 

女の子「ボール。ここで無くしたから」

 

「そうか。でも遅いから早く帰らないとなぁ」

 

女の子「わかった」

 

「気をつけなよ」

 

信号が青になり、車を発進させた。

 

バックミラーで確認したが、女の子は見えなくなるまで草むらをガサガサやっていたという。

 

「可愛い子だったぞ」

 

「はあ?振り向いてないのになんで可愛い子だったって言えるのよ?」

 

「それがな・・・」

 

話には続きがあった。

 

帰って来た父は、自宅から少し離れている駐車場に車を停めた。

 

車から降りると、20メートルほど先に女の子が立っている。

 

服装と髪型からして、さっきの子だ。

 

その子は不思議そうにしている父の顔を見ると、にっこり笑って走って行ってしまった。

 

やっぱりおかしい。

 

車と同じスピードで付いて来るなんて。

 

「それ、幽霊だよ」

 

「何言ってるんだ。あんな可愛い子が幽霊なわけないだろ」

 

父よ、幽霊はみんな血まみれだと思ったら間違いだよ・・・。

 

ほんと、バカな父・・・。

 

とりあえず何も拾って来ないようにしてほしい。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ