テントの間を縫うように歩く足音

釜トンネル

 

これは、親父から聞いた話。

 

親父は若い頃に本格的な登山をやっていて、冬に上高地へ行った時のこと。

 

行程の関係で、釜トンネル内で一泊したという。

 

トンネル内にテントを張り、食事を済ますとみんなさっさと寝てしまった。

 

どれくらいした頃だろうか、親父は足音で目を覚ました。

 

ザクザクと、表面の凍った雪を踏みしだくような足音だ。

 

いくら冬でもトンネル内にまで雪は積もっていない。

 

しかも、明かりの全くない闇の中を泳ぐように、テントの間を縫うように歩いている。

 

親父は「これが先輩達から聞いた遭難者の幽霊か・・・」と思ったそうである。

 

同じテントの者が目を覚ます気配があったが、誰も動かない。

 

そうこうしているうち、荒い息づかいまで聞こえてきた。

 

それはいかにも疲労困憊し、寒そうであった。

 

親父は哀れに思い、持っていたハクキンカイロ(ベンジンを使う旧型カイロ)をそっとテントの外に出した。

 

効果があったのか、足音はだんだん小さくなり消えてしまった。

 

翌朝、カイロは置いた場所にあったが、同じテントの人が足音が小さくなる時に「ありがとう」と言う声を聞いたとか。

 

ただ、親父には聞こえなかったという。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ