うちの家系の男が生涯一度だけ見る妖怪

髪

 

私の家系の男は全員、

『ムシリ』という妖怪が見えるという。

 

正確には、

思春期ごろに一度だけ会うものらしい。

 

おじいさんの話だと、

夜寝ていると枕元に現れ、

 

家系の男の髪の毛を毟り、

そして食べるのだという。

 

ムシリは数十分間、

ひたすら髪を毟って食べるらしい。

 

その間、痛みはないが、

抜かれている感じは分かるらしい。

 

朝起きると枕元には数百本の

髪の毛が落ちてあり、

 

一度食べられると二度と出てこない。

 

髪を毟られるせいか、

 

私の家系の男はみな、

20代からハゲるみたい。

 

(遺伝かも知れないけれど)

 

私は女なので気にするなと

言われたけれど、

 

弟には必ず会うから注意しろと

言っていた。

 

何を注意するのかというと、

 

髪を抜かれる間は決して動くな、

気付かないフリをしろ、

 

ということだった。

 

何故なら、先祖で一人、

 

抜かれている間に逃げ出した男の子が、

原因不明の病気で死んだからだそうだ。

 

来ても逃げたりせずに、

じっとしていればいい。

 

儀式みたいなものだ、

とおじいさんは言った。

 

その話を聞いた弟は、

 

妖怪を見ることより若ハゲが確定したことが、

相当ショックみたいだった。

 

そこで、

 

中学に入ったと同時に弟は、

毟られないようにと頭を丸めた。

 

おじいさんはそれに対して、

 

「昔はみんな頭を丸めていたし、

意味ないぞ」

 

と言っていた。

 

結局、弟はそのまま髪の毛を

伸ばすことにしたようだった。

 

私たちの父も昔、

ムシリに出会ったらしく、

 

若ハゲだった。

 

父は20代だった頃はハゲていることに

コンプレックスを感じていたらしく、

 

カツラをつけていたそうだ。

 

(実際に私たちが赤ん坊の頃の

写真の父には髪の毛があった)

 

ある日、父は弟に、

 

「ムシリに会ったら、

このカツラはおまえにやるよ」

 

と言って、

 

タンスの中のカツラを

見せてくれたらしい。

 

そして、

 

そのカツラが弟を大変な目に

遭わすことになるのだった。

 

中学に入り数ヶ月。

 

ある日の朝、

弟が興奮しながら私に言ってきた。

 

「姉ちゃん、絶対言うなよ!

昨日『ムシリ』が来た!」

 

私も驚き、

 

「見たの?怖かった?大丈夫??」

 

などと質問攻めにしたが、

弟は・・・

 

「違うんだよ、姉ちゃん!

俺、追い払った!」

 

と答えた。

 

弟は小学生の頃から喧嘩っ早かったので、

 

「殴ったの?」

 

と聞くと、弟は得意げに、

 

「違うよ。これ使った」

 

と言って、

父のカツラを見せてきた。

 

どうやら、

弟は父の話の後すぐにカツラを拝借し、

 

中学生になってからずっと

カツラを被って寝ていたそうだ。

 

弟は続けた。

 

「怖くて姿とか見えなかったけど、

間違いない。

 

誰かに抜かれた!

 

でも抜かれたのはカツラの髪で、

俺は一本も抜かれなかった。

 

感触もなかったし!

 

1時間ほどカツラの髪を抜いて、

消えていった!

 

怖さより勝った!って気分で

いっぱいだった。

 

子孫にはこの方法を伝授しないと」

 

と興奮気味に話してくれた。

 

その時は私も、

 

「騙したんだ、弟やるなあ」

 

としか思っていなかった。

 

それから1ヶ月後に事態は一変した。

 

弟が授業中に頭痛を訴え、

そのまま気を失ってしまった。

 

病院に連れて行かれ、

CTやMRIなどの検査をしたが、

 

原因は分からずじまい。

 

医者には、

 

「このまま意識を取り戻さない

可能性がある。

 

容態も安定しないので、

覚悟してください」

 

と言われた。

 

私はその時ムシリのことなんて

忘れていたんだけど、

 

田舎からおじいさんが見舞いに来てくれて、

ふと、そのことを思い出した。

 

そして、おじいさんに弟の話を

隠さずに明かした。

 

おじいさんは、

 

「馬鹿なことをしおって」

 

と呟き、

病室から出て行った。

 

おじいさんは、

 

うちの家系が古くから馴染みのある

神社の神主様に電話してきたらしく、

 

2時間ほどして神主様が病院にやってきた。

 

神主様とおじいさんが数分の会話をした後に、

神主様以外は全員病室の外に出された。

 

父は無念そうに顔をしかめ、

母は泣いていた。

 

おじいさんは病室の外で念仏を唱えていた。

 

その時、

 

何も知らない看護婦さんが、

病室のドアを開けてしまった。

 

父はすぐに事情を説明し、

検診時間を30分ほどずらしてもらったが、

 

私は開いた時に見てしまった。

 

祈祷する神主様の正面で、

 

弟が自分で自分の髪の毛を

毟っていたのだった。

 

ドアが開いても、

神主様も弟もこちらを見る様子もなく、

 

弟は焦点が定まらず、

ブチブチと短い髪を引き抜いている。

 

その間2~3秒だったが、

 

怖さが弟を心配する気持ちを上回ってしまい、

逃げるように待合室まで離れてしまった。

 

結局、弟は自分の髪の半分を

引き抜いてしまっていた。

 

神主様は、

 

「もう大丈夫。ムシリ様は帰られた」

 

と言い、帰っていった。

 

その後、

弟はすぐに意識を取り戻し、

 

1週間ほどで退院した。

 

退院後、弟に話を聞いた。

 

意識を失った後、弟は、

 

「あの時、

 

頭の中に虫のような小さな生き物が

いっぱいいたんだ。

 

虫が頭いっぱいまで広がって、

自分が自分でなくなる感じがしてきて。

 

気持ちいいような、

気持ち悪いような。

 

嬉しいような悲しいような感情が

押し寄せてきて。

 

寝たら楽になるかなと考えていたら、

頭にビシッと衝撃がきて。

 

ふと頭の上を見ると、

 

人間の形だけど人間じゃない何かが

俺を見下ろして、

 

一心不乱に髪の毛を毟っていた。

 

 

その時はずっと、ごめんなさい、

ごめんなさいって謝っていた。

 

そして目が覚めたら、

髪の毛がないからびっくりした・・・」

 

と話してくれた。

 

結局、

 

弟の奇行も無かったことにされて、

病気の理由も分からずじまい。

 

おじいさんは、「もう安心だ」

と言っていた。

 

何故、うちの家系で

そういうことが起きるのか、

 

それは分からない。

 

何故、男にしか見えないのか?

虫のようなものは何なのか?

 

そして『ムシリ』とは一体何なのか・・・

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ