皆で怪談をしている時に感じた違和感

お地蔵さん

 

大学時代にサークルの後輩たちと

怪談大会をした。

 

夜、男ばかりがサークル部屋に

集まることになった。

 

光が漏れないようにと、

窓に厚手のカーテンを引き、

 

俺からいくぞー!とか言って、

ネタ本から仕入れた話を始めた。

 

ノリで始めただけで、

 

みんな大してオカルト好きな

わけでもなかったから、

 

他愛ないネタでも結構ウケた。

 

深夜1時を回って、

 

今日は徹夜でいくか!と

テンションが上がってきた頃、

 

今まで聞くだけだった後輩のSが

話し始めた。

 

「じゃあ、これどうですか?

 

あそこのグラウンドの隅っこに、

小さい地蔵があるでしょ。

 

あれ、大昔にラグビー部の事故で・・・」

 

すると、みんな一斉に、

 

「それ知ってる」

 

「照明が無い頃に夜練習していて、

 

首折って死んだ学生が化けて出る

と言うので建てた、

 

って話なんですけど・・・」

 

「そうそう、それ」

 

「有名なんですね・・・」

 

などとぺちゃくちゃ喋り始めた。

 

かく言う俺も知っていた。

 

しかし、おかしい。

 

Sが話し始めた時、

すぐに怪しい感覚に襲われた。

 

俺の経験上、

これはデジャヴだ。

 

夢を見ている時に、

「あ、これ一度見た」と思ったり、

 

初めて通る道なのに、

「通ったことがある」と思ったりするアレ。

 

俺はなぜか説明できないのだが、

デジャヴはデジャヴとはっきり分かるのだ。

 

だとすると妙だ。

 

俺は知っていたのではなくて、

今初めて聞いたことになる。

 

すごく気持ち悪くなった。

 

頭の中がゴチャゴチャしている感じ。

 

知っている話なのにデジャヴ?

 

というより、

デジャヴってなんだ?

 

部屋がグルグル回っているような気がした。

 

それで、「空気を吸ってくる」

と言って外に出た。

 

戻ってくると、

まださっきの怪談は続いていた。

 

あの地蔵の前を通ると、

うめき声が聞こえることがある。

 

なんてことを、

後輩の一人が喋っていた。

 

その話を最後に、

次の怪談へ移っていった。

 

結局は夜が明けるまで盛り上がって、

朝方に解散となった。

 

そして吉野家でも行こうと、

数人で連れだってサークル部屋を出た。

 

俺は気分が悪かったが付いていった。

 

「ついでに”アレ”見ていこうぜ!」

 

と誰かが言って、

わざわざグラウンドを回り込んだ。

 

地蔵は何事もなく、

ちんまりと立っていた。

 

「朝に見ても別に怖くねぇなあ」

 

と誰かが言った。

 

俺は”ソレ”を見て吐いた。

 

「ちょっとちょっと、大丈夫ですか?」

 

と言われたが、

 

「おかしいのはそっちだろ!!」

 

と思わず口走った。

 

信じられなかったが、

 

こうなるような予感というか、

悪寒がしていた。

 

夜中に空気を吸ってくると言って

外に出たあと、

 

俺は地蔵の所に行ったのだ。

 

場所はもちろん知っていた。

 

だけどそれもデジャヴのような、

妙で嫌な感じ。

 

そして記憶の場所に着いたが、

そこには何も無かった。

 

離れた場所に電灯が一つ

あるきりだったけれど、

 

確かに土の上には何も無かった。

 

部屋に戻ってきた時、

怪談がまだ続いていて寒気がした。

 

こいつら一体なにを話しているんだ?

と思うと、背筋がゾッとした。

 

しかし朝、

 

ついでにアレ見ていこうぜ、

と誰かが言った時、

 

地蔵がもうそこにあるような・・・

そんな予感がしていた。

 

似たようなことを小学校の頃にも

体験したことがある。

 

その小学校の七不思議の一つに、

『準備室の先生』というのがあった。

 

廊下の奥に鍵の掛かった

使われていない部屋があって、

 

放課後の周りに誰もいない時に、

その部屋の扉の前に立って話しかけると、

 

準備室の先生が相談に乗ってくれる、

というのだ。

 

これには『鍵穴から中を覗いてはいけない』

というルールがあった。

 

俺は怖がらない方だったので、

 

よく「○×先生がムカツク」というようなことを

冗談半分に部屋の前に立って喋っていた。

 

ある時に何を思ったのか、

ドアをノックしたことがあった。

 

「ハイレ」

 

確かに人の声でそう聞こえた。

 

入れ、と。

 

準備室の先生が返事をしてくれた

という友達もいたので、

 

これは誰かが中に入って

イタズラしているんだなと思い、

 

鍵穴を覗いてみようとした。

 

・・・しかし、

 

覗いてはいけないというルールを

思い出して、

 

ギリギリ踏みとどまった。

 

俺はドアノブを恐る恐るひねった。

 

ガチャっと音がして、

開く気配があった。

 

俺は逃げようとして走り出したが、

指が引っかかってドアが完全に開いた。

 

もう、後ろも見ないでダッシュして、

 

ランドセルを教室に置きっぱなしのまま

校門を出た。

 

それ以来、もうあの廊下には

近づかないようにしていた。

 

それから何ヶ月かした頃、

クラスで七不思議の話になった。

 

誰か全部知ってるか?と言われて、

みんなで知っている話を並べた。

 

『親指が伸びるベートーベン』

『夜中にプールサイドを走る子供』

・・・・・・

・・・・・・

 

ちゃんと七つ出てきた。

 

俺はあえて何も言わなかったが、

『準備室の先生』が消えていた。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ