父の実家の地下に行った日の夜に

地下への階段

 

子供の頃、

家族で父の実家に帰省した時の話。

 

父の実家は築100年位の古い日本家屋で、

さらには地下があった。

 

でも地下へ続く階段はとても急で、

 

「危ないから下りちゃダメだ!」

と言われていた。

 

だけどそこは小学生の男子二人、

弟と一緒にコッソリと下りる事に。

スポンサーリンク

二人が地下で感じたものとは・・・

最初は一段二段と降りては

シッシッシッと笑う程度だったが、

 

徐々にエスカレートしてしまい、

さらに下まで恐る恐る下りた。

 

上で弟が「ダメだよ、怒られちゃうよ」

と言うが、

 

兄としてはビビっていると思われたくないので、

怖かったが虚勢を張ってついに地下へ。

 

ギシギシと鳴る廊下に、

古く黒化した木の扉。

 

空気も重くて正直怖かったが、

 

再び虚勢を張って、

弟に下りて来るように言った。

 

弟がそろりと下りて来た後、

二人でしばらく黙り込んだ。

 

子供ながらに何か不穏なものを

感じたのかも知れない。

 

小声で「ここ、開けてみよう」と言って

扉に向かったら、

 

弟は「怒られるよ・・・」と泣き声に。

 

さらに兄の威厳を示すべく、

扉に手を掛けるもビクとも動かない。

 

少しムキになって力一杯に引いたが、

それでも扉は開かない。

 

ほっとして「鍵かかってるよ」と言うと、

弟も近寄って来ては扉に軽く手を掛ける。

 

仙台箪笥のような金具が打ってあり、

いかにも重そうだったが、

 

扉はカラカラと軽やかな音を立てて開いた。

 

そしてそのまま怖がりのはずの弟は、

すっと中へと入っていった。

 

そこから次の記憶は、

夕飯を食べているところになる。

 

その時の気分は、

 

何となく変だと思っているし、

記憶が飛んでいるのも分かっている。

 

不思議だなと感じてはいるが、

あまり気にしていない。

 

弟も普通にご飯食べていて、

何となくぼーっとそれを見ていたと思う。

 

そして、その夜のこと。

 

寝ていたら両親と祖父母が

何やら騒いでいて目が覚めた。

 

弟が高熱を出したようだった。

 

心配になって起きだし弟の所へ行くと、

真っ赤な顔でぐったりしている。

 

祖母が慌てて「こっち来ちゃダメ!」と言い、

俺は母に押されて布団へ戻った。

 

次の日になっても弟の熱は下がらず、

 

医者が言うには「疲れているのだと思う」、

との事だった。

 

その夜に母が「今時そんなバカな事を!」

と言って叫んでいるのを聞いた。

 

救急車を呼ぶか今すぐ病院に連れて行くか、

と口論しているようだった。

 

その次の日の朝、

祖父が死んだ。

 

同時に、

弟の熱はウソのように下がった。

 

父が祖父の遺体に向かって、

 

「親父・・親父・・・ありがとう・・・

本当にありがとう・・・」

 

と言って泣いていた。

 

母は頭を下げ土下座して泣いていた。

 

病み上がりとは思えないほど元気な弟は、

 

「さっきおじいちゃんと話したばっかり

だったのに・・・」

 

と泣いていた。

 

後で思ったが、

これも明らかにおかしい。

 

弟の熱が下がったのは、

祖父が息を引き取った後だったのだ。

 

その後は祖母を引き取って、

あの地下のある家を取り壊す事に。

 

祖母は数年後に亡くなったが、

あの時の事は話してくれなかった。

 

両親も、弟ですらも、

なぜか教えてくれない。

 

お互いにいい歳したおっさんになって

家庭も持った今でも、

 

決して口には出せないという。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ