フロントに届いていた自分宛の預かり物

ホテルフロント

 

これは、大学の先輩が体験した実話である。

 

その先輩は沖縄出身の人で、

 

東京の大学を受験するために

上京していた時のこと。

 

特に東京近郊に知り合いもいなかったので、

都内のホテルに一人で宿泊していた。

 

何校か受験する予定だったため、

2週間くらいの長期滞在だった。

 

そんな中のある日、

 

試験を終えて試験会場からホテルに戻ると、

フロントの人に呼び止められた。

スポンサーリンク

思い出しただけでも怖くなる・・・

「A様でいらっしゃいますよね?」

 

「はい。そうですが?」

 

「実はA様宛に他のお客様より

“お預かりした物”があります」

 

「えっ?誰ですか、それ?」

 

「他の従業員が対応しましたので

分かり兼ねます」

 

先輩は状況が理解できなかった。

 

なぜなら実家の親以外に、

 

彼がこのホテルに宿泊していることは

誰も知らないはずなのだから。

 

「人違いではないですか?」

 

「いいえ。お客様はA様ですよね?

でしたら間違いございません。

 

確かにA様宛にと、

お預かりした物でございます」

 

「他のAという名前の人では

ないでしょうか?」

 

「いえ。

 

当ホテルでは現在A様という名前のお客様は

あなた様だけですので」

 

先輩はワケが分からなかったが、

 

とりあえず自分宛だという謎の預かり物の

“B5サイズの茶封筒”を受け取った。

 

部屋に戻った先輩は、

開ける前にとりあえず実家に電話してみる。

 

しかし当然ながら、

実家の親はそんな物は知らないと言う。

 

やっぱり人違いでは・・・

 

もう一度フロントへ言いに行こうとしたが、

思い留まった。

 

先輩のAという名字は大変珍しく、

 

その名前で確かに届いていたのだから

他の誰かと間違うはずもないと・・・

 

ついに恐る恐るその封筒を開いてみた。

 

すると、

中からは一枚のレポート用紙が出てきた。

 

そこにはサインペンで“手書きの地図”

のようなものが描かれていた。

 

現在いるホテルから3つ先の駅、

そこから道が伸びており、

 

簡略に描かれた道を順に辿っていくと、

ある道の傍らに斜線で記された場所がある。

 

そこに矢印がしてあり、

その横に『ココ』と小さく書いてある。

 

封筒をもう一度覗いてみると、

 

中には何やら“家の鍵”らしきものが

一緒に同封されていた。

 

先輩はもう完全にワケが分からない。

 

同時に物凄く怖くなり、

 

その封筒に紙と鍵を戻すと、

無理矢理フロントに押し返した。

 

もちろん、”その地図の場所に行ってみよう”

なんて気にはとてもなれない。

 

幸いにも受験校は翌々日の1校を

残すのみであったが、

 

そのことが頭から離れず

試験に全く集中できなかったそうだ。

 

先輩はその試験を終えると、

 

当初は受験を全て終えた後の骨休めとして、

もう何泊かして東京見物をする予定であったが、

 

それらをキャンセルして逃げるように沖縄に帰った。

 

実話だけにこれ以上のオチはないが・・・

 

先輩は未だにそのことが謎であり、

思い出しただけでも怖くなると言っている。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。

ピックアップ③【5月】

アクセスランキング

このページの先頭へ