見知らぬ中年男性から渡されたメモ

灰皿

 

これは、私が25歳の時に体験した実話です。

 

怖いというよりは、不思議な要素が多い出来事でした。

 

それは出勤中のこと、池袋駅の東口を出て、西武デパートに沿って歩いている途中にある灰皿の前でタバコを吸っている時でした。(現在はこの灰皿はありません)

 

突然知らない中年の男性に「ライターを貸してほしい」と言われたので貸してあげたところ、世間話をするようになり、タバコは吸い終わったのですが少し会話をしていました。

スポンサーリンク

君は失敗した

そして、そろそろ立ち去ろうと挨拶をしたらメモのようなものを渡されて、さらに「妹さんは今年帰省させない方がいい」と言われました。

 

私は頭の中が「???」になりながら去ったのですが、妹がいることは世間話の中では話していないのに何か気持ち悪いな・・・と思いながら会社に向かいました。

 

しかし、その渡されたメモのことをすっかり忘れていて、メモに気付いたのは3日ほど経ってからでした。

 

メモはA4サイズの紙で、そこには表と裏に何やら暗号めいた言葉や数式が書かれていました。

 

さらに、都内にある神社に1月1日に行くように書かれていたのと、私の家族のことについて書かれていました。

 

私はその後、あの中年男性にまた会えないかな・・・と思い、出勤時には毎回同じ場所でタバコを吸っていたのですが、今日までに二度と会うことはありませんでした。

 

なんとも気持ちが悪いので、友人に相談しました。

 

メモの内容は私も友人もほとんど解読できなかったのですが、私の家族のことが書いてあって気になるので、「1月1日は神社に行ってみよう」ということになりました。

 

その際、友人は私と距離を取り、カメラで撮影しながら同行することにしました。

 

これは友人からの提案で、もし私に何かあった時に証拠のビデオになるからということでした。

 

そして、1月1日がやってきました。

 

友人が後ろでカメラを回しながら付いて来ています。

 

私は神社をウロウロしました。

 

特に変わった様子はなかったのですが、突然知らない女性に声をかけられました。

 

その女性との会話の内容を簡単に述べると、「君の代わりが何人かいて、その人が先に達成したから君は失敗した」と言われました。

 

家族のことについては、「もうメモを気にしないでいい」とも言われました。

 

正直、この人は何を言っているんだ?という感じで、訳が分からなかったです。

 

(この後も色々ありましたが、長くなるので省略します)

 

その後は友人と帰宅し、友人が撮影したビデオを見てみることになりました。

 

すると、本来であれば私と女性が話しているところが映っているはずですが、なぜか女性の姿が映っていなく、私が一人で誰かと喋っている様子が映っており、その背後には全身真っ黒でクネクネした人のような物体が4つ映っていました。

 

メモといい、女性の発言やビデオに映らないこと、そして黒いクネクネ。

 

未だに何だったのかハッキリしないことだらけですが、実話です。

 

ちなみに友人も女性の姿は見ていないそうです。

 

なので、友人の肉眼でも私が一人で喋っているように見えていたそうです。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2020年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
アクセスランキング

このページの先頭へ