あっちの世界へ導かれていたのか?

夜の山道

 

かなり昔の話になるが、怖くて不思議な体験をしたことがある。

 

一時期『ハチ族』といって、自転車やバイクで日本中を旅するのが流行った時があった。

 

楽しそうだったので私もやってみようと思い、一人でぶらりと自転車で旅に出掛けた。

 

出発してから2日目の事、近くにキャンプ場を探したが見つからなかった。

 

そこらで野宿になるかなと思ったが、当時は公民館を解放している地域もあったので、地元の人らしきおじさんに「ここら辺に泊まれる所はないですか?」と訊いてみた。

 

すると、「こっちにありますよ」と言われたので後を付いて行った。

スポンサーリンク

それ以上は行くな!

おじさんは徒歩だったこともあり、私も自転車を押して歩いていた。

 

どうやら山の方に向かっているようだった。

 

キャンプ場というのは山にある事が多いので、私は疑いもせず信用して後を付いていった。

 

進むにつれて街灯も少なくなり、やがて真っ暗に。

 

途中で「おかしいな・・・」と思い始めたが、気にせず付いて行った。

 

私は、おじさんの10メートルほど後ろを付いて歩いていた。

 

何故なら、もしこの人が”悪人”だったら困るからだ。

 

すると、おじさんは急に立ち止まり、私の方へと振り返った。

 

「早く来いよ!」

 

そんな事を言いたげな感じがしたので、足早におじさんの方へ近付こうとした。

 

すると突然、私は『何者かに』後ろから腕を引っ張られた。

 

まるで、「それ以上は行くな!」と抑止しているかのように。

 

私はビックリして、すぐに振り返って後ろを見たが、誰も居ない。

 

「えっ!?」と思って前を見ると、先を歩いていたはずのおじさんも居ない。

 

その時、何が起きているのか全く理解できなかった。

 

そして、落ち着いた頃に周辺を見渡すと、そこは沼だった。

 

それも、かなり大きな沼。

 

10メートルほど前を歩いていたおじさんは、ちょうど沼の中央で立ち止まった事になる。

 

一体なんだったんだろうか?

 

もしかすると、私は『あの世』へ導かれていたのだろうか?

 

この出来事の真相が今でもよく分からない。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ