時空を旅しているという青年との出会い

バー

 

当時キャバクラのボーイをとある事情で辞めて、バーテンダー見習いとして働き出した。

 

そして1年ほど経った頃、一人の若い青年がお店にやって来た。

 

「こんばんわ。久しぶりだね」

 

「え、ああ・・・いらっしゃいませ」

 

まずい事に何も覚えていない。

 

彼の名前はおろか、顔すらも覚えていないのだ。

スポンサーリンク

青年の正体と目的は一体?

「あぁ、この世界ではまだ知り合ってもいないんだね」

 

おっと、話しがややこしくなってきたぞ?

 

「申し訳ございません。おっしゃる意味がよく・・・」

 

「ごめんね。何か酔える強い酒をお願い」

 

そう言うと、彼はカウンターで向かい越しに座る。

 

何か喋りたそうに俺の顔を伺いながら尻尾を振るのが見える。

 

「先ほどの事なんですが、どういう意味があったんでしょうか?」

 

聞いてやるよ、聞いて欲しいんだろう。

 

新手の宗教か、それとも・・・。

 

「いえね、僕はこの世界の人間ではないんですよ。厳密に言えば、この世界になる可能性があった世界の住人という事です」

 

つまり・・・えっ?何?どういう事?

 

「つまりですね、君がサイコロを振って1が出たとする。でも私はそこで2を出した。その時点で僕と君は違う地球に住む事になるんだ」

 

「では、私とお客さんはそちら2の世界で知り合っていた、と?」

 

「そういうこと」

 

自称時空の旅人は、出したばかりのグラスを指で弾く。

 

なるほどね、早々にお帰り頂く努力をしよう。

 

お金を持っていればお客様だが、俺のキャパシティを破壊されては業務に支障が出てしまう。

 

「お客さんがいた世界では、世界はどのようになっているんですか?」

 

「それがさぁ、聞いてくれよ・・・」

 

なんでも彼のいた世界では、ビックリする事に地球はもう無いらしい。

 

巨大彗星だか隕石だかが地球に近づき、引力に引き寄せられ、本来の軌道から外れて宇宙を旅する生命が存在しない死の惑星になったのだとか。

 

さらに驚く事に、宇宙人(兄弟と言っていたが)がその直前に現れ、肉体を捨て、精神をとある器に収める事で色々旅が出来るようになったのだとか。

 

彼は何を言っているんだ・・・。

 

後半は酔いが回ったのか、呂律もうまく回ってない。

 

「面白いですね。ではお客さんはサイコロの目の1~6の色々な地球を旅して回ってるんですね」

 

「ご明察!疑いながらも人に合わせるその態度!やはり君はどの世界でも変わらないねぇ」

 

「他の世界の私はどのような仕事で何をしているんですか?」

 

「んー、ほぼ全部死んでるよ」

 

聞かなければ良かった・・・。

 

「君はまだ知らないだろうけど、この先に金髪の女性と付き合う事になる。どの世界でもその人と付き合った後すぐ死ぬから付き合わないようにね」

 

ついでに死刑宣告ですか・・・。

 

「でもなぜ私にそんな事を言うんですか?」

 

「死なれちゃ困るからね。どの世界にも友人がいないなんて寂しいだろう?」

 

酔いのせいなのか、目が逝っている。

 

違う世界で俺は本当に彼の友人だったのだろうか。

 

言われて見れば、旧知の仲にも感じる不思議な感覚がある・・・ような、ないような。

 

「ご馳走様。じゃあ、もう行くわ。この世界は今まで見てきた中で一番酷く醜い世界だった」

 

そう言うと、彼はポケットからジャラジャラと大量の500円玉を取り出し、「足りるだろ?お釣りはいいよ」と言って、酔いの隠せない足取りで店を出て行った。

 

なんだったのだ・・・。

 

俺は大量の500円玉をレジに押し込む。

 

すると、その中の一つに目が留まった。

 

『元成3年』

 

彼が本物なのか偽者なのかはもう分からないが、あれからあの青年は一度も来店されてはいない。

 

今でもその一枚の500円玉は俺の家で眠っている。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。

ピックアップ③

アクセスランキング

このページの先頭へ