「お前、水の上を歩いてたぞ」

川

 

これは、友人から聞いた不思議な体験話。

 

大学生の折、サークル仲間と渓流でキャンプをしたのだという。

 

季節は夏、ちょうど良い感じの砂地もあったので、スイカ割りをしようという流れになった。

 

ジャンケンで負けた後輩に目隠しをさせ、その場で三度、体を回してから挑んでもらう。

 

見当違いの方に向かうのを、皆で笑いながら見守った。

 

「おいおい、そっちに行くと川に嵌るぞー」

 

誰かがした忠告も空しく、目の見えない後輩は川面に向かって足を踏み出した。

 

そのまま、つつっと何歩か水の上を歩いて渡る。

 

皆が呆気に取られていると、水の上に立っている後輩は大声を出した。

 

「あれっ?何か足元の感触がおかしいんだけど?」

 

次の瞬間、後輩は水しぶきを上げて水中に没した。

 

幸いにも浅瀬だったので、服を濡らす程度で済んだという。

 

「お前、水の上を歩いてたぞ」

 

そう言われた後輩は、目をパチクリとさせていたらしい。

 

その後、散々「もう一回!」と川に向かって歩かされたが、彼が水の上を歩くことは二度となかったそうだ。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年10月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ