あるはずのない留守電の応答メッセージ

携帯電話

 

未だに何だかよく分らない、実際にあった話。

 

その日、車に携帯電話を置き忘れて仕事に行ったのだが、そんな時に限って母が電話をかけてきたらしい。

 

だけど俺は仕事中で、しかも車の中に携帯電話を置いてあるわけだから、電話に出る事は不可能だった。

 

そして俺が仕事から帰ると、母が変な事を言い出した。

 

「あんた、なんであんな暗い声で留守電の声を入れてるの?」と。

 

しかし、俺は留守電の設定はしていない。

 

なので俺は、「何、暗い声って?誰にかけたの?」と聞くと、「いや、絶対あんたにかけた。『○○(俺)です。只今電話に出る事が出来ません』って、めっちゃ暗い声で言われた」と母は言う。

 

確かに、俺の携帯電話には母からの着信履歴はあった。

 

母が冗談を言っているとも思えない。

 

試しに家の電話から自分の携帯電話にかけてみたが、留守電の応答メッセージなんて再生されない。

 

そもそも設定していないので当然だ。

 

あまりに不可解な出来事に、不気味で少し怖かった。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ