道端に落ちていた小判を拾ってきたが

小判

 

これは、未だに自分の中では謎になっている実話。

 

俺は小学6年の頃、学校帰りの通学路で『仏像が書かれた小判のようなもの』を拾った。

 

小学生くらいの年頃の男子といえば、道端に落ちているものをなんでも拾ってしまう。

 

例えば、輪ゴムとか針金とか。

スポンサーリンク

あの時に捨てたはずの小判が

俺はその小判のようなものを拾って家に持ち帰り、少し汚れていたのでよく洗って机の上に置いた。

 

そして夜ご飯を食べてから自分の部屋に戻り、ふと拾ってきた小判を眺めていた。

 

その時に気付いたのだが、その小判は売り物ではなく誰かが手作りした感じで彫られていて、不気味な仏像の絵の裏を見ると、なぜか自分と同じ誕生日の生年月日が彫られていた

 

あまりの不思議さに、それは今でも印象に残っている。

 

それ以降もずっとその小判を机の上に飾って置いていたのだが、ある日に母親が部屋の掃除をした時にその小判を見つけたらしく、「落ちてるのを拾ってくるな。不気味だから捨ててきなさい」と怒られた。

 

仕方ないからと、俺はその小判を部屋の窓から外に投げ捨てた。

 

そして、それから2ヶ月くらい経った頃だった。

 

これが未だに謎になっている部分になる。

 

それは大晦日の大掃除の時の事。

 

俺の部屋は兄貴と共同で使っていて、机を向かいに二つ並べて置いてあったのだが、その隙間の掃除をしていたら、なぜかあの時に捨てたはずの小判が落ちていた

 

しかも、その小判には長い髪の毛が何本も絡み付いていた。

 

毛根まで付いていた覚えがある。

 

ちなみに、その長さは母親の髪の毛よりも随分と長かった。

 

俺は気持ち悪くなり、すぐさま再び外に投げ捨てた。

 

それからは二度と小判を見ることはなかった。

 

普段は幽霊とかそういったオカルトの類は信じないが、この体験だけは今でもよく分からない。

 

あれは何だったんだろうか。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2019年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ