人のような形をした青い色の物体

高速道路

 

これは、4年程前に体験した話。

 

トラックに九州行きの荷物を積んで、九州道を走っていた深夜2時頃だった。

 

事前に3時間くらいの仮眠を済ませており、車内ではアニソンを爆音で大熱唱していたのだが、突然音楽が止まり、プレイヤーを見ると電源が落ちていた。

 

そして再度電源をつけようとした時、正面に人のような形をした青い色の物体がいた

 

それはゆっくりと歩いているような、浮いているような動きで俺に近づいて来た。

 

遅くても時速80キロは出ているトラックに向かってゆっくりと。

 

そのままフロントガラスをすり抜け、それは俺に重なった。

 

途端に俺は意識がぼーっとし始め、それが体を通り抜けていく感覚だけがあった。

 

体を通り抜ける寸前、ハンドルに頭をぶつけて意識が戻った。

 

青い奴は消えていた。

 

ただ、意識が戻る前に姉の怒っている顔が頭に浮かび、なぜか俺は「それで助かったんだ」と思った。

 

夜が明けた翌日、その出来事を姉に電話で話してみると、「お前のベースが夜中に勝手に鳴ってうるさかったから怒鳴った」との事だった。

 

もしかすると、あのまま意識が飛んでいたら俺は死んでいたのだろうか。

 

場所は大牟田インターの手前で、青い奴は傘のような物を持っていた。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2019年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ