深夜1時に金属音で目が覚めて外を見ると

街灯

 

もう10年くらい前の話になる。

 

深夜1時過ぎ頃だったか、寝ていたら「カーーーン」という金属音で目が覚めた。

 

何だろう?と思っていると、また「カーーーン」と聞こえる。

 

どうやら、30秒おきくらいに外から音がする。

 

金属の棒を何かで叩いているような感じの音だ。

 

不思議に思い、起き上って窓から外を見てみた。

スポンサーリンク

その後の自分の人生は・・・

寝室は道路に面した2階にあるのだが、しばらく外を見ていても音の出所が分からない。

 

うちは静かな住宅地の中にあり、夜も遅いし車も人もまったくいない。

 

・・・と思っていたら、道路を挟んで3軒向こうの家の前の道路に立っている人影を発見した。

 

よく見ると、男性が街灯の黄色っぽい灯りの下で俯き加減で立っている。

 

そこの家の御主人かな?と思ったが、あまり付き合いがないので分からない。

 

そしてその男性の足元には、男性を取り囲むように黒っぽい大きなごみ袋のようなものが5つくらい見える。

 

うちの地域のごみ袋は薄い黄色なのになあ?と思って見ていると、なんだかごみ袋というよりも、黒っぽい服を着た人がうずくまっているようにも見える。

 

しばらく眺めていたが男性の状況は変わらず、いつの間にか金属音もしなくなっていたので、不思議に思いつつも布団に戻って寝ることにした。

 

そして、朝起きてバタバタと仕事に行き、夜に帰宅。

 

玄関に入ろうとしたところで、「そういえば昨夜のあの男性は何だったんだろう?」と思い出し、その男性がいた家の前を見てみた。

 

しかし、もう暗かったので何も見えない。

 

・・・・・・?

 

「ん?昨夜は見えてたじゃん!なんで今は見えないの?」とビックリして、その家の前まで行ってみた。

 

そこで気が付いたのだが、そもそも街灯なんかそこに無かった。

 

家に戻って2階の寝室に上がり、昨夜と同じようにその家の前を眺めてみたが、真っ暗で何も見えず。

 

でも確かに、昨夜は黄色っぽい街灯の灯りの下に男性が見えていたはずなのだ。

 

決して夢でもなかった。

 

今でもあの出来事が何だったのかは分からない。

 

ただ、その後の自分の人生は悪い事ばかりが続いている。

 

この件と関連があるのか、少し気になっている。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2019年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ