集金に伺った家で不可解な体験

玄関ドア

 

これは、新聞配達をしている私の不可解な体験談です。

 

集金に行ったその家は、オートロックタイプのワンルームマンションでした。

 

私は玄関ホールから呼び出しチャイムを鳴らしました。

 

鳴らしてしばらく経ち、「・・・はい」と男性の声がしました。

 

寝起きなのか、ひどくテンションの低い声でした。

 

集金に来たことを告げると、黙ってオートロックのドアが開きました。

スポンサーリンク

部屋の中には・・・

エレベータで目的の部屋へ行き、玄関のチャイムを押しました。

 

チャイムの後に少しの間があり、カチャリと鍵を開く音がしてドアが少しだけ開きました。

 

・・・が、いくら待っても人が出てこないのです。

 

仕方がないので、私はドアを引いてみました。

 

やっぱり玄関には誰もいません。

 

「すいませーん。○○新聞の者ですー」

 

声をかけましたが、反応がありません。

 

何度声をかけてもチャイムを鳴らしても、反応がありません。

 

奥の部屋からは、テレビの音が聞こえています。

 

人がいるのは分かっているので、「上がらせてもらいますよー」と言いながら、靴を脱いで上がり込みました。

 

居間のドアを開けると、やはりテレビがついていました。

 

けれども、部屋には誰もいません。

 

念の為にと、トイレ兼シャワーも音を確認してから開けてみましたが、誰もいません。

 

さすがに気味が悪くなってきたのですが、開き直って押入まで確認しました。

 

結局、人がいないので諦めて帰ることにしました。

 

無人の家なので、余計な事とは思いましたがテレビは消しておきました。

 

鍵はかけられないのでそのままです。

 

玄関を出て、ドアを閉めて、エレベータへ向かいかけたのですが、気が変わって引き返しました。

 

最後の確認の為、ドアを引いてみました。

 

ですが、鍵がかかっていました。

 

ホテルのドアと同じようなものでしょうか。

 

誰もいないのは分かっていましたが、ついチャイムを押してみました。

 

ガチャリ。

 

音がして、ドアが開き始めました。

 

今度はすかさずドアを掴み、自分で開きました。

 

しかし、そこには誰もいませんでした。

 

私は全身に鳥肌が立ち、猛烈な寒気に襲われ、階段を駆け下りてマンションから飛び出しました。

 

店長にこの出来事を話しましたが、「勝手に家に上がるな!」と怒られただけでした。

 

その後、他のバイトがその家に行ってみたようですが、最初から何の応答もなかったそうです。

 

仕方がないのでその家への新聞の配達は止めて、後は店長に措置を任せました。

 

問題の部屋はすぐに空き部屋になったようですが、その後ずっと人が入ることはありませんでした。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ