アレが出ると供え物と挨拶をして帰る

夜道

 

これは、俺が若かりし頃に走り屋だった時の話。

 

都会には峠が少なく、あってもすでに潰されているスポットばかりで退屈だった。

 

そんな時、地方へ転勤になった。

 

周囲を山に囲まれた赴任先は、俺にとってまさに極楽だった。

スポンサーリンク

もし見たら大人しく帰れ

ある夜、見知らぬ峠を開拓するべく、深夜の山道をうろついていた。

 

そこでスポットを発見した。

 

数台が溜まっている。

 

もちろん、俺も参加した。

 

数本走った後、溜まっている人間とだべっていると、上の方でスキール音がした。※スキール音とは、乗り物の車輪と路面が擦れ合う際に発生する音。

 

やがて、下りて来た者がこんなことを言った。

 

「アレが出たぞ」

 

すると、皆は口々にこう言った。

 

「じゃあ、帰りますか」

 

「10日ぶりだね」

 

「今日は遅いな」

 

そしてリーダー格の一人が、酒と塩と米をそれぞれ小皿に盛って、溜まり場の一角にあるボロい木の机に置いた。

 

「失礼しました~」

 

彼は上の方に向かって軽く挨拶をすると、他の人間と一緒に帰っていった。

 

それからも何度かその峠に行ったが、時々夜半過ぎになると「アレが出た」と言って、皆が一斉に供え物と挨拶をして帰るのだ。

 

アレとは一体何なのか?

 

潰しやパトカーや近隣住民の類ではないらしい。

 

知っているであろう誰に聞いても、明確な答えは返ってこない。

 

ただ、「もし見たら大人しく帰れ」ということは必ず言われた。

 

昼間に峠の周辺を探索してみても、神社仏閣などは見当たらない。

 

それに、自殺の名所でも心霊スポットでもない。

 

結局、それが何なのかを知ることなく、俺はその地域から転勤した。

 

なので未だに謎のままだ。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ