祭囃子のような音が響く方へ行ってみると

鳥居

 

高校受験のシーズンは、学校全体の雰囲気がピリピリする気がしませんか?

 

私が通っていた中学校は地元でも有名な進学校のため、ピリピリどころか「まわりを蹴落としてでも進学してやる!」みたいな同級生が多く、私も含め3人ほどが飽き飽きしていました。

 

これは、そんな頃に体験した少し不気味な話です。

 

不気味な現象が起きたのは、塾に通って朝から晩まで勉強と試験、そんな生活に疲れていた時でした。

 

私達は塾を1日だけサボって、他県まで出向いてゲームセンターやボウリングで散々遊び、電車に乗って家に向かっていました。

 

電車を降りて、寂しい田舎道を数人で談笑しながら歩いていると、「ドンドン」と祭囃子のような太鼓が響く音がしたのです。

 

恥ずかしながらここは相当な田舎なので、もしお祭りがあったり何かのイベントがあれば、近所である程度は噂になります。

 

なので、その日にお祭りをやっているわけがありませんでした。

 

しかし、「ドンドン」と太鼓を叩いて音頭をとるような音は消えません。

 

私達は音のする方に行ってみよう、お祭りなら楽しそうだから!と意見を固め、行ってみることにしました。

 

音の出処は、ちょうど地区の真ん中にある神社でした。

 

そこで神主さんと数人の巫女さんがお面をつけ、音に惹かれてきた人達にお面を渡していました。

 

私達も巫女さんから兎のお面を受け取り、それを顔につけて出店を巡ったり太鼓を見に行ったりと非常に楽しい思いをしました。

 

日も暮れて、お祭りも盛り上がり、出店の食べ物も美味しそうに出来上がってきた時、友達の一人が「たい焼きを食べようよ」と相談してきたのです。

 

とても美味しそうなので購入して、さぁ食べようという時、「フシャー!」と猫が威嚇するような音が何処からともなく聞こえてきました。

 

次の瞬間、神主さんと数人の巫女さん、そして出店のお兄さん達が一斉に神社の本堂に入り、辺りがシーンと静まってしまったのです。

 

出店の残骸や太鼓はあるのですが、どうにも今さっきまで盛り上がっていたようには見えません。

 

私達は放心してしまい、帰ろうか・・・という雰囲気すら出ませんでした。

 

結局、その日はどうやって真っ直ぐ帰ったのかすら全く憶えていないのです。

 

憶えているのは、塾をサボって他県へ遊びに行き、帰り道でお祭りに参加したということだけです。

 

高校に進学した今、色々と調べてみたのですが何もわかりませんでした。

 

ただ、あの時にもし出店の物を食べていたら、『黄泉竈食ひ』となって帰って来られなかったのではないか?と、一緒に行った友達と話す程度です。

 

黄泉竈食ひ(よもつへぐい(ひ))|参考

黄泉(よみ)の国のかまどで煮炊きしたものを食うこと。その後は現世に戻れないと信じられた。黄泉戸喫(よもつへぐい)ともいう。(コトバンクより一部引用)

 

余談ですが、この出来事はよくある神隠し的なベタな体験ではないと思っています。

 

神隠しと言うと、美少女や美青年、また3歳くらいまでの幼い子供が隠されてしまうイメージですが、残念ながら当時の私達には当てはまりません・・・。

 

また、音に惹かれてきた人達にお面を渡していたので、私達の他にも客がいたのかもしれません。

 

神主さん達がいなくなった後、他の客もいつの間にか消えていたのかもしれません。

 

本当に元の世界に戻れなくなるところだったのかもしれません。

 

ただ、本当に何も憶えていないのです。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年5月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ