金縛り中に見た携帯動画

ある夜、

布団の中で壁の方を向きながら、

携帯で友人にメールを打っている時、

金縛りにあった。

 

体がまったく動かない。

 

目さえも動かせず、

一点を凝視し続けるしかなかった。

 

一点・・・、

そう、携帯の画面を見続けていた。

 

そこには、見慣れたメールの

画面はなかった。

 

誰かが歩きながらビデオ撮影をしている

と思われる動画が映っていた。

 

何の変哲もない道を歩きながら。

 

視点は、人の目の高さにある。

 

自分が歩きながら見ている風景

のようにも見える。

 

画面の奥から手前に向かって

歩いてくる人もいれば、

視点と同じ方向に歩いているか、

背を向けた人物も何人かいる。

 

画面の中央には、

視点と全く同じ速度で歩く人物が

背を向けていた。

 

どうやら、その人物を

追っている映像らしい。

 

夜の家路の途中であるようだ。

 

映像は非常に滑らかだ。

夜の道を滑るように移動している。

 

誰かがビデオカメラを持ちながら

歩いているのであれば、

手ぶれもありそうなものだが、

映像にはそれが一切なかった。

 

生きた対象を捉えた映像ながら、

それを追っている側に、

生の香りがしない。

 

主人公と思しき人物が、家に着く。

一人暮らしのようだ。

 

テレビをつけ、

風呂に入り、

ビールを飲み、

夕食を食べる。

 

その一部始終を背後から見る。

 

やがて床についた。

 

すぐには寝付けないらしく、

布団に包まりりながら、

携帯でメールを打ち始めた。

 

やがてその人物は、

壁の方を向いたまま

動かなくなった。

 

一心に、携帯の画面に

見入っているようだ。

 

先程から、かれこれ30分近くも、

この映像のまま動かない。

 

金縛りも解けない。

 

映像の視点から、

主人公と思しきその人物までは、

1メートルもないほどの

至近距離である。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ