死期が迫った祖父の夢

20年ほど前の実話です。

私の祖父が救急車で運ばれました。

 

もはや老衰と呼ばれる状態で、

入院したらそこで死を迎えるのは

家族全員が分かっていました。

 

祖父は救急車で運ばれ

入院したその日の夜に、

意識を取り戻しました。

 

祖父は私たちに、

「坊さんが10人並んでいて、

それを一人ずつ撃ち殺していくんだが、

一人しか殺せなかった」

と話しました。

 

どうやら、そういう夢を見たようです。

 

その後、祖父は意識を取り戻したり、

昏睡状態に陥ったりを繰り返しました。

 

私たち家族は、交代で

祖父を見に行っていました。

 

そして、入院してから1週間が過ぎました。

 

私が祖父の様子を

見ていた時のことです。

 

祖父が目を開け、口をモゴモゴさせ

何か言っています。

 

私が耳を傾けると、

「坊さんが3人並んでいて、

それを一人ずつ撃ち殺していくんだが、

一人しか殺せなかった」

と繰り返し言っていました。

 

その時は、

坊さんの数が減っていることよりも、

「変な夢を見るなあ~」

くらいに考えていました。

 

その2日後、医師から祖父の病状は、

峠を越えたという旨を伝えられました。

 

しかしその夜、祖父は亡くなりました。

 

祖父は、恐らく最後の坊さんを

撃ち殺したのだと思います。

 

祖父が、自分の死期を

感じ取っていたのか、それとも、

お迎えが来る予兆だったのか、

全く分かりません。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ