背中に取り憑いた女

ある雨の日の夜。

 

母親は夕飯の支度をしながら、

夫とピアノ教室から帰ってくる

小学生の娘を待っていた。

 

娘が帰ってきたので玄関に出迎えると、

娘の背中に女が憑いているのだ。

 

娘は泣きながら寒さに震え、

母親は女を引き離そうとしたが、

どうにもならない。

 

娘を居間のストーブの前に座らせ、

とにかく寒さに震えるのを暖めようとした。

 

すると女は、暖めれば暖めるほど苦しみ、

最後にはつんざくような悲鳴をあげ、

消えてしまった。

 

その瞬間、娘が絶命してしまった。

 

母親は混乱状態に陥り、

そこへ夫が帰ってきたのだが・・・

 

今度は夫に、

さっきの女が憑いていたのだった。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。

ピックアップ③

アクセスランキング

このページの先頭へ