戦闘機パイロットだった祖父の後悔

 

祖父は第二次世界大戦中、

日本軍の戦闘機パイロットだった。

 

なかなかの腕前だったらしいが、

 

いくら敵とは言え、

人を殺すのが嫌だったという。

 

軍人らしくない、

心優しい男だった。

 

とは言っても、

国家の命運を賭けた戦争中だ。

 

敵機を見つけたら撃墜するのが任務。

 

敵機を撃つ際は操縦席を狙わずに

翼やプロペラを狙い、

 

敵パイロットがパラシュートで脱出して

助かるようにしていたそうだ。

 

特に思い出に残っているのは

1945年に小笠原諸島の上空で、

 

米軍機と激しい戦闘をした事だという。

 

しかしそこは歴戦の凄腕パイロット。

 

激戦の末、

敵機を撃墜した。

 

敵パイロットが脱出するのを見届け、

 

「よし、下には小笠原諸島がある。

奴は父島あたりに着地出来るだろう」

 

と安堵して基地に帰還した。

 

それから数ヶ月して、

ついに戦争が終わった。

 

終戦後に自分の記憶と

米軍側の資料を照らし合わせ、

 

撃墜した敵パイロットの生死を

調査したらしい。

 

どうやら全員がまだ存命という事で、

 

父は味方はもちろん敵ですら、

 

誰一人として殺す事なく

戦争を戦い抜いたんだ。

 

戦後は家族をつくり幸せに暮らし、

1987年に孫である俺も誕生した。

 

ここまでは、

俺が去年父から伝え聞いた話だ。

 

しかし、俺は知っている。

 

しばらく前に祖父が涙を流しながら

俺に話してくれた事がある。

 

俺が4歳になる頃、

祖父は俺にこう言った。

 

「ワシは人殺しだ。

沢山の人を殺してしまった。

 

何百人も、何千人もな。

 

血気の盛んな戦友でも、

殺した敵は10人にも満たないというのに・・・」

 

しばらくして俺が16歳の時に、

再び祖父は言った。

 

「やっぱりワシはとんでもない

人殺しだったんじゃ。

 

罪もない人間を、何千人も、

何万人も殺してしまった。

 

どれだけの家族が今も、

そしてこれからも苦しんでいくのだろう・・・」

 

父から聞いた祖父のエピソードは

間違いなく事実だ。

 

しかし、あの心優しい祖父が

嘘をついていたとは思えない。

 

俺は24歳になって、

 

大学院で第二次世界大戦史を

研究している。

 

そしてたった今読んでいた本のおかげで、

あの時の祖父の言葉の意味が理解できた。

 

涙が止まらない。

 

(終)

解説

助けた敵パイロットが後のアメリカ大統領で、

戦争を起こした張本人だった。

 

祖父はそのことをずっと悔やんでいたのだ。

 

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ