無人島に流れ着いた1男6女

無人島

 

ある無人島に、

6人の女と1人の男が流れ着いた。

 

最初こそ協力して生活していたものの、

若い女たちは夜な夜な男を求めるようになった。

 

1日交代制だったため

男の休みは日曜のみで、

 

疲労はピークに達していた。

 

そんなある日、

島に一人の男が流れ着いた。

 

「助かった!

これで休みが増えるぞ!」

 

と歓喜したが、

男の休みは無くなってしまった。

 

(終)

解説

流れ着いた男は『ホモ(同性愛者)』だった。

 

つまり、

日曜すら奪われてしまった・・・。

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ