集団殺人事件の全貌を記録した映像

 

「今からちょうど一年前、

 

うちの大学の生徒が無人島で7人全員

死んだって事件あったよな?」

 

「あぁ、あったな。

それがどうした?」

 

「実は、その事件の模様を映した

映像がここにあるんだよな~♪」

 

「マジで?!」

「えぇ~うっそー」

「怪しい」

「・・・ホントに?」

 

みんなそれぞれ勝手なことを言っている。

 

「まぁ、とりあえず観てみようぜ~」

 

映像が再生されると、

始めは普通の旅行のようだったが、

 

その夜に一人の死体が見つかると、

そこからはパニック映画のようだった。

 

みんなが震え怯えている。

 

そこから次々と死体で発見されていき、

結局はカメラマンと一人の少女が残った。

 

少女は言う。

 

「あなたが犯人なんでしょう?!

私が犯人なわけないもん!

 

それに、

 

こんな状況でビデオ撮ってるなんて

絶対おかしいわよ!」

 

「違う、俺じゃない!

 

これは警察に証拠として

渡すために・・・」

 

少女は最後まで話を聞かずに

外へ飛び出していった。

 

それをすぐ追いかけるカメラの男。

 

そこで急に画面が黒くなり、

 

次には無残な少女の死体と、

 

首吊り自殺をしたと思われる

カメラの男が映っていた。

 

そこで映像は終わった・・・。

 

(終)

解説

最後に殺された男を映したのは

一体誰なのか?

 

現場にはもう一人いたことになる。

 

つまり、

この話の冒頭に、

 

この映像を持って来たやつが

真犯人である。

 

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ