道端で拾った古いカメラ

カメラ

 

残業帰りの夜11時頃、

誰もいない道端で、

 

『十年後の自分が見えるカメラ』

 

と書かれた古いカメラを拾った。

 

面白半分で自分を撮ってみると、

なにも写らない。

 

「なんだ、壊れてんじゃん」

 

と独り言を言いながらも、

気になったので持ち帰った。

 

次の日、

 

ネタとして会社へ持っていき、

友人を撮ってみた。

 

するとそこには、

ホームレスになった友人の姿が。

 

周りの同僚は笑っていたが、

俺は友人の未来が心配になった。

 

(終)

解説

友人を撮るとホームレス姿になっているので、

カメラは壊れていない。

 

自分を撮った時には写らなかったということは、

十年後、俺はこの世にいない。

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ