真夏のヒッチハイカー

 

「やれやれ、

乗せてもらえて助かりました」

 

青年はナップサックを

背中から降ろして、

 

エアコンの効いたパトカーの

ハンドルを握っている、

 

保安官の隣の助手席に

乗り込んだ。

 

「まさか、

 

パトカーをヒッチハイク

したからって、

 

逮捕されたりは

しないですよね?」

 

「今日はな」

 

保安官が答えた。

 

「それほど暇じゃないんだ」

 

青年は、ほっとしたように

笑みを浮かべた。

 

そして、ナップサックから

チョコレートバーを取り出すと、

 

それをパキンと二つに割って、

保安官に差し出した。

 

「いや、結構」

 

アクセルを踏み込みながら、

保安官が答えた。

 

「誰かを追跡でも

しているんですか?」

 

「ついさっき、

 

ファーストナショナル銀行が

4人組の強盗に襲われてな。

 

黒いセダンで逃走したんだ」

 

「えっ?!」

 

ヒッチハイカーは驚いた。

 

「ほんの10分前に、

黒いセダンを見ましたよ。

 

それも、

4人の男が乗っていました。

 

もう少しで轢かれるところ

でしたよ。

 

1時間も待って、

ようやく通りかかった車だったのに。

 

でも、その車は左に曲がって

西に向かいましたよ。

 

北じゃなくて」

 

それを聞いた保安官は、

 

急ブレーキをかけて、

車をUターンさせた。

 

青年はオレンジの皮を

剥き始めたが、

 

皮はきちんと紙袋に入れていた。

 

「今日は日陰でも30℃近くは

あるだろう」

 

「そうでしょうね」

 

ヒッチハイカーも頷いた。

 

「あれ?曲がり角を

通り過ぎましたよ。

 

どこに向かっているんです?」

 

「警察署さ」

 

保安官がぶっきらぼうに答えた。

 

(終)

解説

日陰でも30℃近くはあるのに、

1時間近くパトカーを待っていた青年。

 

そのナップサックに入っていた、

チョコレートバーが溶けていない。

 

つまり、

青年の言っていることは嘘になる。

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ