門前払いされたご先祖さま

ガラス戸

 

これは実際にあった事なのだが、私自身には記憶がないので体験談と言っていいのかは分からない。

 

私は子供の頃、2階の部屋で祖母と一緒に寝るのが常だった。

 

うちは元旅館で、その建物をそのまま住居に使っていた。

 

なので、各部屋には外に面した大きな窓がある。

 

それはお盆休みの頃だった。

 

ある朝起きると、祖母が「おめえ、夕べどうしたんだ?」と聞いてきた。

スポンサーリンク

霊に頼られる体質がゆえに

何の話をしているのか分からず「昨日って?」と聞き返すと、「おめえ、昨日窓から出て行こうとしてたぞ」と言われた。

 

祖母の話はこうだ。

 

夜中、ちょうど深夜2時頃の事。

 

それまで普通に寝ていた私がフラフラと起き出し、大きな窓の前に正座して座り込むと、ガラス戸をトントン、トントン、トントン・・・とひたすら叩き出したという。

 

気配に気づき、目を覚ました祖母が「何してるんだ?」と声をかけると、私は戸を叩きながらただじっと前を見つめて、「開けて、開けて、開けて」と何度も壊れたレコードのように繰り返していた。

 

ああ、寝ぼけているのかと思った祖母は、「寝ぼけてねえで寝ろ」と言ったそうだが、今度はガリガリとガラスを引っ掻き出したという。

 

ギリギリと爪を立てながら、「入れて、入れて、入れて」とブツブツ呟きながら。

 

夏といえど窓の鍵は閉まっているので、引っ掻いたところで開くはずはない。

 

さすがに薄気味悪くなった祖母は、「いい加減にしろ!窓なんて閉まってて開かねえんだから!」と声を荒げると、私の動きはぴたりと止まり、フラフラと布団に戻って何事もなかったかのように寝てしまったという。

 

翌朝そんな事を言われても、私にはさっぱり覚えがない。

 

夢を見ていたという覚えもないし、むしろ寝覚めは爽やかだった。

 

「寝ぼけて窓から飛び降りなくて良かったね」と言う母に、祖母が思いついたようにこう言った。

 

「そういえば今日はお盆だなぁ。お前が窓から出て行こうとしたんだと思ったけど、戸が閉まってて入れなかったご先祖さまが入れろって言ってたのかもしれねぇ」

 

ちなみに私は、『見えないけれど霊に頼られる体質だ』と言われた事がある。

 

それが本当かは確かめようがないし、その後この時のような事は起きていないが、一人暮らしを始めてからは、知らない間に誰も居ない部屋で飛び降りたりしないか、不安になる事があるのは確かだ。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2020年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
アクセスランキング

このページの先頭へ