ご先祖様が霊から救ってくれた?それとも・・・

海辺

 

これは、数年前のお盆の日のこと。

 

姉ちゃんと一緒に婆ちゃんの家に行った時、変な体験をした。

 

婆ちゃんの家は海の近くにあったんだけれど、姉ちゃんの車を停める場所が家にはなくて、海辺に車を停めることにした。

 

人の邪魔にならない場所がそこしかなかったからだ。

 

その日、色々とあった行事が終わって家に帰ろうとした時、もう夜になっていた。

スポンサーリンク

女の人とお喋りしていた?

月明かりの下、車を停めた海辺に向かって姉ちゃんと二人で歩いた。

 

辺りには誰もいなかった。

 

歩いている途中、ふと右足首に違和感があり、ズボンの裾でも靴に絡まったのか?と思って見たけれど、特に何にもなかった。

 

しかし、それから段々と右足首が重くなっていき、少しずつ歩くスピードも遅くなった。

 

それからも歩くのがどんどん遅くなり、最早すり足の牛歩になっているのにもかかわらず、姉ちゃんは後ろを歩く僕の方を見ない。

 

むしろ、姉ちゃんは変わらないスピードでスタスタと歩いているので二人の距離が開いてき、とうとう姿が見えなくなってしまった。

 

僕は「いよいよ不味いことになった・・・」と思ったけれど、止まるのはもっとよくない気がして牛歩でも歩き続けた。

 

暗い畦道を何かの気配を感じつつ牛歩で歩くのは、とても長く感じたし、なにより辛かった。

 

そんな時、ふとある場所で嘘のように右足首の重さが消えた。

 

途端に僕は急ぎ足で進み、10歩も歩けば車に着いた。

 

車には姉ちゃんがエンジンをふかしつつ呑気に待っていた。

 

僕は車に乗ると、すぐに姉ちゃんに抗議した。

 

「置いて行くなんて、遅く歩くのを気づきもしないなんて薄情だ」と。

 

しかし、姉ちゃんは驚いてこう言った。

 

「だってアンタ、女の人とお喋りしながら歩いていたじゃない。だって、女の人と肩を組みながら喋っていたじゃない。だって、あんなに熱心に喋っていたじゃない。邪魔になるといけないから先に行っていただけなのに・・・」

 

僕は少し引きつった顔で、姉ちゃんに自分は一人だったこと、そして足が重くて歩けなかったことを話した。

 

その後の車のスピードは言うまでもなく速かったし、途中のコンビニで塩を買ったり、婆ちゃんの家に電話をして、親戚と一緒ではなかったことを姉ちゃんに証明したりした。

 

後日、事情を話した親戚と一緒に同じ道を歩いてみた。

 

足の重さが消えた『ある場所』には、小さな祠があった。

 

「この祠はご先祖様を祀ったものなのよ」と説明してくれた。

 

ご先祖様が僕を霊から救ってくれたのか?

 

それとも女の人こそがご先祖様で、祠までの帰り道を一緒に歩いただけなのか?

 

それは分からないけれど、祠に手を合わせた。

 

聞けば、お盆の時期にいる霊は、海や川を渡ってあの世へ帰って行くという。

 

なので、いくら駐車スペースがなくても、海辺に車を停めるのはよくないのかもしれない。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2021年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

【特集】過去の年間ランキング

2019年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2019年・怖い話ランキング20
2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
アクセスランキング

このページの先頭へ