彼は昔、狐に憑かれたことがあるという

お狐様

 

これは知り合いの話。

 

彼は昔、狐に憑かれたことがあるという。

スポンサーリンク

狐憑きは線香で燻す

「・・・と言っても、自分は何も憶えちゃいないけどね。

 

突然、意味不明なことを叫びながら、天井まで跳び上がったりしたとか。

 

まだ元気だった爺ちゃんが、俺を柱に縛り付けて大量の線香で燻(いぶ)したんだと。

 

『狐め、孫から出てけぇ!』って感じで、荒縄で打たれたりもしたらしい。

 

うちの母ちゃんが言うには、『煙モクモクだし、大声でお経を叫んでるし、すんごい光景だった』ってんだけど、観察する暇があったら止めてくれってんだよな。

 

そのうち元に戻ったらしいんだが、燻されたお陰なのかどうかは分からないよ。

 

まぁそれも含めて、一切合切記憶にないんだけど」

 

そんな彼が先日帰省して、甥を連れて裏山で遊んでいた時のこと。

 

キャーキャーと大声ではしゃいでいた甥が、急に黙り込む。

 

一体どうした?と目を向けると、甥の向こう側、山に続く細道に何かがいた。

 

それは真っ黒で、全身が脈動しているかのように波打っていた。

 

フーッという呼吸らしき音が聞こえたことから、何かの生き物かと思われる。

 

動物に詳しい彼が、まだ見たこともない類いであったが。

 

大きかった。

 

彼曰く、セントバーナードの成犬を思い出したそうだ。

 

甥はその何かと、真正面から対面して固まっていた。

 

「甥ちゃんが危ない!」

 

とっさに荷物を探ると、折りたたみの傘があった。

 

必死で引っ張り出して傘を開き、甥の前に奇声を上げながら飛び出した。

 

「アチョー!」だの「ウヒョー!」といった言葉を大声で叫び、力の限り傘を回しまくる。

 

しばらく無我夢中で傘を振り回していたが、気がつくと気配が消えていた。

 

恐る恐る傘から顔を出し確認したところ、細道の上には何も見えなかった。

 

大きく息を吐くと腰が抜けたようになり、ペタンと座り込んでしまった。

 

甥は吃驚(きっきょう)して目を見開いていたが、安心した途端「○○兄ちゃん、すごい!」と大興奮で抱き付いてきたそうだ。

 

「いや、それだけなら『良かった良かった』で済んだんだけどさ。

 

俺が奇声を上げて暴れまわってたのが、母屋から丸見えだったみたいで・・・。

 

困ったことにあのでかい生き物、誰にも見えてなかったみたい。

 

だから他の家族には、俺が突然奇行を始めたようにしか見えなかったんだと」

 

信心深い祖母の手により、彼は再び線香で燻されたのだという。

 

「○○に憑いた狐が戻ってきたって、婆ちゃん必死で線香持って追いかけてくるんだもん、涙目で。

 

諦めて大人しく燻されたよ。

 

勘弁してほしいよなぁ」

 

と苦笑して、彼はこの話を締めくくった。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


One Response to “彼は昔、狐に憑かれたことがあるという”

  1. 匿名 より:

    婆ちゃんに説明してやれよぉ…

コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2020年2月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ