その坂には転ばせ様という鬼が棲んでいる

坂

 

これは、友人の不思議な体験話。

 

彼の実家近くの山に、『転ばせ坂』と呼ばれる坂があるのだそうだ。

 

なんでも、そこには『転ばせ様』という鬼が棲んでおり、通りがかる者を転倒させるのだという。

 

何度もそこを通ったことのある彼は、その言い伝えを微塵も信じていなかった。

 

そして先日、帰郷した時のこと。

 

転ばせ坂を通りがかった彼は、盛大に転けてしまった。

 

まるで誰かに足を掴まれたかのようだった、と彼は言う。

 

擦り剥いた左肘を庇いながら身を起こす。

 

「あれっ?」

 

手首に巻いていたはずの腕時計が失くなっていた。

 

進学祝いに母が買ってくれた物だった。

 

必死になって辺りの草むらを探ったが、腕時計はどこにも見つからなかった。

 

落ち込んで家に帰ると、祖母が「どうしたの?」と聞いてきた。

 

事情を話すと、あらあらという顔をして話し始めた。

 

「転ばせ様が人を転ばせるのは、その人が身に付けている物が欲しいからだって言われとるよ。転ばせたその隙に、こっそり掠めちゃうんだって」

 

祖母はさらにこう教えてくれた。

 

「後で餅をついてあげるから、それ持って明日もう一度あそこに登っておいで。腕時計はどうしても要るからこの御餅と交換して下さいって、丁寧に頼むんだよ」

 

翌日、彼は餅を持参して山を登り、もう一度転ばせ坂に向かった。

 

半信半疑ながらも餅を掲げ、祖母に言われた口上を述べた。

 

「俺、何してるんだろう・・・」

 

ふっと我に返った瞬間、足をすくわれた。

 

あっという間もなく、再び盛大に転倒してしまう。

 

「痛たっ・・・」

 

涙を滲ませながら面を上げると、すぐ目の前に光る物が落ちていた。

 

昨日ここで失くした腕時計だった。

 

ハッと手の中を見ると、餅はどこにも見当たらない。

 

坂の上には呆けたような彼と、腕時計だけが残されていた。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年5月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ