いくら配っても終わらない配達区域

新聞受け

 

これは、新聞配達をやっていた時の話。

 

同僚に、ホラ話やネタ話をよくするお爺ちゃんがいた。

 

お爺ちゃんの名前は安岡さん(仮名)

 

「〇〇研究所の近くで宇宙人を見たよ!」とか言って、よく遊んでいた。

 

ある日、安岡さんがいつも通りにホラ話をしてくれた。

 

「疲れたままや考え事をしながら配ると危ないぞ」と。

 

俺は事故のことだと思って、「そうですね」と答えた。

 

そしていつもの調子で話していたら、「昨日、いくら配っても終わらねえの。同じとこを何回も配ってる感覚でさぁ。でも気付いたら全部配ってて。時間もいつもより早くてさぁ・・・」と言う。

 

「不着が無いなら良かったじゃないですか」と返すと、「うーん、まあそうだけどさぁ・・・」と言って、その話は終わった。

 

それから1週間が過ぎた頃、安岡さんは配達を辞めた。

 

20年近くやっていたのに、いきなり飛んだのだ。

 

理由を専業(正社員)に聞いても「わからない」の一点張り。

 

配達の経験がある人ならわかるが、人の出入りが激しい職場なので、辞めたと聞いても驚くことはないと思う。

 

だが、俺は安岡さんしか話し相手がいなかったので寂しかった。

 

それに、ずっと不審に思っていたことがある。

 

安岡さんが担当していた区域だけ、何年経っても誰も定着しなかったことだ。

 

なぜか専業も配りたがらなくて、理由も教えてくれない。

 

確かに部数は結構多いが、俺の区域ほどではないし、販売店からも近い。

 

臨時配達員を雇っていたくらいだ。

 

とはいえ、自分の区域ではないので、そのまま配達を続けていた。

 

それからまた何年か経って自分も辞めるという時に、古株の専業が教えてくれた。

 

「あの区域あるだろ、あそこ配達すると何故か中々終わらないんだよ」

 

そう言ってきた。

 

ただ、「ああ、安岡さんも同じことを言ってましたよ?」と返した途端、専業の表情が変わり、黙り込んだ。

 

安岡さんが今どうしているのか、全くわからない。

 

俺も辞めてからは専業と疎遠になり、情報交換もなくなった。

 

ただの勘違いならいいんだけど・・・。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年10月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ