彼女がくれた身体の一部

蛇

 

これは、ある杣人の話。

 

彼はよく山奥の炭焼き場に一人滞在して炭焼きをしているという。

 

「大変ですね。一人で山に籠もっているのは寂しいでしょう?」

 

私がそう言うと、彼は笑った。

 

「いや、時々はお客さんもあるから、そうは寂しくもない。まぁ訛りが酷くて、意思疎通するのが大変だけどな。酒がかなり好きなようで、一緒に飲むと結構楽しいぞ」

 

そう言うと、指先ほどの大きさをした物を懐中から取り出した。

 

薄い乳白色で、虹色に鈍く光っている。

 

「綺麗ですね。それって一体何です?」

 

「彼女の身体の一部だよ。この前くれたんだ」

 

「彼女?ははぁ、付け爪か何かですか」

 

「いや、鱗」

 

思わず、マジマジと顔を見てしまう。

 

彼はニヤニヤ笑うと「嘘だよ」と続け、あっという間にそれを仕舞った。

 

詳しく見せてくれと頼んだが、丁寧に断られてしまった。

 

果たして担がれたのかどうか、それ以上は私もわざわざ確認はしなかった。

 

今でも彼は炭焼きを続けている。

 

そして山に入る時は、酒を必ず多目に携えて行くそうだ。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ