猿神様からの酒の奢り

木の洞

 

これは、杣人に聞いた話。

 

※杣人(そまびと)

杣木を切ったり運び出したりする人。きこり。

 

仕事に就いてまだ間もない頃、山の中で酒の匂いを嗅いだという。

 

鼻をひくつかせながら匂いを辿ると、やがて液体を溜め込んだ木の洞(ほら)を見つけた。

 

指に漬けて、恐る恐る舐めてみる。

 

「酒だ。こんな所に酒が出来てる!」

 

手で掬って一口呑んでみた。

 

美味い。

 

先輩の杣人へ伝えに行くと、こう言われた。

 

「一杯おこぼれ与ったんなら、それで終わりにしておけ。それは猿酒といってな、この山の猿が拵(こしら)えてるって話だ。猿は猿でも、大物の猿神様だ。ちょっとなら目こぼししてくれようが、大っぴらに盗ると罰当てられるぞ」

 

(いさ)められはしたものの、あの味が忘れられず、帰り際にもう一度寄ってみた。

 

しかし、記憶にあった部分の木には肉が盛り上がり、洞は綺麗に失せていた。

 

「俺が酒好きなモンだから、猿神様が自慢がてら一杯奢ってくれたのかな。畜生、もう一口呑んどきゃよかった」

 

そう言って残念そうに、だけど嬉しそうに彼は笑っていた。

 

噂では今でも時折、御裾分けに与る幸運な杣人がいるという。

 

下戸である私に酒を語る資格はないかもしれないが、そんな場所にある液体を平気で口に含むという彼らの行動は、どう考えても理解不能である。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2020年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ