部屋の窓から見えたもの

体験談というかなんというか・・・。

 

兄が実家に居た頃、

 

兄がゲームをしているのを

傍で見ていたんだけど。

 

目の端に何かが動いているのに

気づいたんだよね。

 

で、そっちを見ると、

窓の外を男の子が歩いてるの。

 

大体、目から上くらいが、

 

ひょこひょこ上下に動きながら、

窓の端から端まで動いていた。

 

でもね、

兄の部屋って2階。

 

窓の外に歩けるような

スペースも無いし・・・

 

って思って、

恐くなった。

 

窓は東側と南側にあって、

 

東側の窓から

その子の姿が消えた時。

 

兄に 、

 

「お兄ちゃんお兄ちゃん・・」

 

って小声で言ったら、

 

ゲーム画面から視線を

全く動かさないで、

 

凄く真剣な表情で、

私の方すら見ようともしないで一言。

 

「見るな!」

 

南側の窓にその子が見えてるあいだ、

兄はそのままゲーム画面を見てて、

 

でもゲームする手は止まってて・・・。

 

その子が見えなくなったら

ゲームの電源切って、

 

「下に行こう」

 

って、

そのまま階段降りて行ったの。

 

子供に関する話題を一切しないまま、

その日を過ごしたんだけど。

 

今でもたまにその話を

兄にするんだけど、

 

なんか曖昧な笑いと、

曖昧な言葉でかわされてしまう・・・。

 

何だったんだろう、あれ・・・。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ