漂流船に残された壮絶な記録 2/2

しかし、記録を調べるうちに、

奇怪な事実が浮かびあがった。

 

数十回に渡って

他の船に出合っていながら、

 

救助に応答する船は

一隻としてなかったことだ。

 

そして、吉栄丸は

太平洋横断の途中、

 

たった一つの島さえも

発見出来なかったのである。

 

しかし、

 

アメリカの貨物船ウエスト・アイソン号の

リチャード・ヒーリィ船長は、

 

次のように述べている。

 

「1926年12月23日、

 

シアトルから約1000キロの太平洋上で

波間に漂う木造船を発見したが、

 

救助信号を送っても

返事が無いので近づきました。

 

しかし、吉栄丸の船窓や甲板に立って

こっちを見ていた10人ほどの船員は、

 

誰一人として応えず、

馬鹿らしくなって引き上げたのです」

 

だが吉栄丸の記録に、

このことは書かれていない。

 

一体、彼らには

何が起こっていたというのだろうか。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ