寮の部屋に尋ねて来たモノ

会社の寮での話。

 

ある社員が一人部屋で

ぼ~っとしていたら、

 

『コンコン、コンコン、』

 

とノックの音。

 

なんだかすごく眠いので

放っておいたら、

 

ノブがガチャッと開き、

 

顔色の悪い見知らぬ男が

ヌーっと覗いてきた。

 

だが、少し様子が変。

 

普通ならドアから中を覗く場合、

顔が少しは傾くのだが、

 

そいつは顔が垂直のまま

覗いていた。

 

だが、首から下は

姿が見えない。

 

なんだか不気味なので

腹が立ってきたその社員は、

 

「おい!何、人の部屋

勝手に覗いてんだよ!」

 

と言って立ち上がり、

ドアの方へ。

 

その途端、

 

薄気味悪い男は

顔をさっと引っ込めると、

 

バタンとドアを閉めた。

 

追いかけようと思って、

ドアノブを回す。

 

だがドアは開かなかった。

 

ドアには鍵が

しっかり掛かっていた。

 

もちろん、

追いかける僅かの間、

 

そいつが鍵を掛ける余裕なんか

無かったし、

 

第一、掛けたなら、

ガチャガチャ音がする。

 

慌ててロックを外して

廊下に出てみたが、

 

そこには誰もおらず、

 

誰かがいた気配も

まるでなかったのだそうな。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ