ケチった葬儀屋の用意した棺桶

ある小さな町で、Aという

身の丈190センチの大男が死んだ。

 

彼は乱暴で粗雑。

 

しかも、

 

何事も根に持ち、

 

些細な子供のいたずらにも

酷い仕返しをするので、

 

皆から嫌われていた。

 

彼を変人呼ばわりした

近所の小学生を捕まえ、

 

顔が腫れるまで平手で打ち付け、

逮捕された経歴まである。

 

身寄りもおらず、

 

日雇いの汚い仕事で稼いでは

酒を飲んでいたので、

 

肝臓でもやられたのだろう。

 

町の葬儀店の店主も

この男が大嫌いだったが、

 

役場からの頼みで渋々、

安い葬式をあげることになった。

 

適当に死体を洗い、

一番安い棺桶に押し込め、

 

売れない坊主を

無理矢理に説得して、

 

お経をあげさせた。

 

異変が起きたのは、

 

葬儀が終わり、棺桶を

火葬場に運ぶ時だった。

 

他に葬儀が重なって

しまったせいもあり、

 

霊柩車が手配出来なかった

店主は、

 

軽トラの荷台で

Aの亡骸を運ぶことにした。

 

それほど遠い距離ではなかったが、

大事をとって、

 

店主自らが荷台で棺桶が

落ちないよう見張ることになった。

 

特に坂道や悪路もなく、

 

店主が荷台に乗ったのは、

あくまでも念のためだった。

 

が、しばらく行くと

石でも踏んだのか、

 

急に棺桶が大きく揺らぎ、

 

店主は荷台の外枠と棺に

足を強く挟まれた。

 

すぐに病院へ運ばれたが、

 

店主はスネから下を

ひどく複雑骨折しており、

 

仕方なく切断することとなった。

 

しばらくして、

 

「葬儀店の店主は自業自得だ」

 

という声が町に出始める。

 

それは、坊主がこんな事実を

暴露した為だ。

 

あいつはAのサイズに合う

棺桶を作るコストをケチって、

 

普通のサイズの棺桶に、

Aの亡骸を無理に納めたんだよ。

 

どうやったのかって?

 

もちろんスネから下を

ノコギリで切断したのさ。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ