雪山で助手を失ったカメラマン

 

ある雪山に助手と撮影に行った。

 

雑誌の仕事だった。

 

撮影の何日か目に、

助手が怪我をした。

 

まだ予定の枚数が撮れていないので、

雪山を下りる事は出来ず撮影を続行。

 

しかし、助手の怪我は悪化し、

何日後かに死亡した。

 

それでも仕事を終えていなかったので

山を下りる事が出来ず、

 

泊まっていた山小屋の傍に助手を埋め、

一人で撮影を続けていた。

 

朝、カメラマンが目を覚ますと、

何故か助手の死体が横にある。

 

「埋めたはずなのにな・・・」

 

とまた助手の死体を埋めて撮影へ。

 

これが何日も続くので、

さすがにおかしいと思い、

 

最終日に自分の寝姿が写る位置で、

連続写真が撮れるカメラを設置して寝た。

 

次の朝、

 

やはり助手の死体は

自分の横にあった。

 

そして下山した。

 

会社に戻ったカメラマンは、

 

昨夜の山小屋に設置したカメラの

フィルムを自分で現像した。

 

そこに写っていたのは、

 

起き上がり寝袋から出ると、

 

山小屋の外から助手の死体を

担いで戻って来ては、

 

自分の横に置く姿だった。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ