憧れのクラスメイトと保健室で

保健室のベッドで寝るのは

初めてだった。

 

こんなに熱が出たのも、

初めてだ。

 

風邪をひいてるから、

だけじゃない。

 

隣には、

憧れの○木さんが居た。

 

病弱なのは聞いてたけど、

 

こんなところで会うなんて

夢にも思わなかった。

 

二人とも熱でだるかったけど、

 

ただ横になってるだけなんて

つまらなかったから、

 

色んな話をした。

 

こんな隣同士のベットで

寝てるなんて、

 

結婚したみたいだ。

 

なんて考えながら、

ボクはドキドキしていた。

 

○木さんは寝ちゃったけど、

ボクはとても眠れやしなかった。

 

「先生ね、ちょっと行かなくちゃ

いけないんだけど、楽にしててね」

 

誰かが呼びに来て、

先生はどこかへ行った。

 

突然二人きりにされて、

ボクはますます眠れなくなってきた。

 

ちらちらと、

○木さんを盗み見ていると、

 

カーテンの向こうで声がした。

 

「・・・・・に・・・い・・・だろ」

 

よく聞こえないけど、

知ってる声みたいだ。

 

ボクは、△くんだったら

まずいと思って、

 

薄目を開けて、

寝たフリをした。

 

△くんが○木さんを好きなのは、

みんな知ってる。

 

こんなところを見られたら、

後でなんて言われるか分からない。

 

「・・こ・・・・る・・」

 

なにか呟きながら、

声が近づいてくる。

 

「だ・・か・・こに・・るだろ」

 

カーテンが開いた音はしないのに、

 

いつの間にか、声は

すぐそばにまで来てる。

 

薄目を開けてるのに、

誰も見えない。

 

「・・こ・・・・・・よ」

 

嘘寝がばれるから

絶対に動いちゃいけない、

 

と思って、

ボクは目を閉じた。

 

今は、もう、

すぐそばで声がしていた。

 

「だれかそこにいるだろ」

 

絶対におかしかった。

 

絶対に・・・。

 

足音もしないし、

誰も見えないのに。

 

「だれかそこにいるだろ」

「・・こ・・・・るよ」

 

声は、ボクの周りを

うろうろしていた。

 

頑張って薄目で見てみたら、

カーテンは人影で囲まれている。

 

「だれかそこにいるだろ」

 

見つかっちゃだめだ!

そう思ったけど、

 

突然、○木さんのことが

頭に浮かんできた。

 

そうだ、○木さん!

○木さんは大丈夫!?

 

ボクは寝返りのフリで、

○木さんの方を薄目で見た。

 

○木さんは飛び上がって

ギィッと目を見開き、

 

ボクを指差しながら、

 

信じられないような

低い声で言った。

 

『そこにいるよ』

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ