2階から聞こえる母親のような声

子供の頃の話。

 

僕は、2階建ての借家に

住んでいた。

 

母親も仕事をしていたので、

 

学校から帰っても、

自分一人のことが多かった。

 

ある日、

 

夕方遅くに

学校から帰ってくると、

 

家の中が暗い。

 

「おかあさ~ん」

 

と呼ぶと、

2階から小さな声で、

 

「はあ~い」

 

と応える声がする。

 

もう一回呼ぶと、

また「はあ~い」と。

 

自分を呼んでいるような気がして、

2階へ上がる。

 

階段を上がったところで

また母を呼ぶと、

 

奥の部屋から「はあ~い」と、

声がする。

 

奇妙な胸騒ぎと、

一刻も早く母に会いたいのとで、

 

奥の部屋へゆっくりと

近づいていく。

 

その時、下で玄関を

開ける音がする。

 

母親が慌しく買い物袋をさげて

帰って来た。

 

「しゅんすけ、帰ってる~?」

 

明るい声で僕を呼んでいる。

 

僕はすっかり元気を取り戻して、

階段を駆け下りていく。

 

その時、

ふと奥の部屋に目をやる。

 

奥の部屋のドアがギイィと、

僅かに動いた。

 

僕は一瞬、ドアの隙間に

奇妙なものを見た。

 

こっちを見ている、

白い人間の顔だった。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ