幽霊のフリをするドッキリを仕掛けていたら

私は、某番組制作会社で

働いています。

 

数年前、

 

街中で通りすがりの人に

ドッキリを仕掛ける、

 

という番組を撮ったのです。

 

そのドッキリとは、

 

まず、深夜の人の少ない

駅のベンチに、

 

仕掛け人の女性が座ります。

 

そして、空席に誰かが

一人で座ったら、

 

仕掛け人は急に

 

「うー、うー、苦しい・・・」

 

と唸り始めます。

 

仕掛け人にはあらかじめ、

 

青白い顔色に見えるよう

メイクをしておきました。

 

もし、「大丈夫ですか?」

と尋ねられたら、

 

仕掛け人は驚いたような

表情を浮かべて、

 

「あなたは私が見えるのですか?」

 

と言って幽霊のフリをする、

というものでした。

 

強引なドッキリですが、

 

駅構内は、なかなか

雰囲気があるらしく、

 

逃げ出す人や

パニックになる人など、

 

使える映像が撮れました。

 

やがて、

 

時間も遅くなってきたので

次の人で最後にしようと決め、

 

仕掛け人をスタンバイさせて

待機していました。

 

するとすぐに、

 

サラリーマン風の中年男が

一人で駅へ入って来ました。

 

残業終わりなのでしょうか、

 

その男はひどく疲れた様子で

ベンチにぐったりと腰掛けました。

 

その間も私たちは、

 

ずっと離れた場所から

カメラを回し続けていました。

 

ところが、

 

仕掛け人が一向にドッキリを

始めようとしないのです。

 

「これが終われば帰れるのに、

あいつは何をやってるんだ。

 

居眠りでもしてるのか?」

 

とイラついた私は、

 

仕方なく撮影を一旦中止し、

駅のホームに入って、

 

仕掛け人の元に

駆け寄りました。

 

「おい、何やってんだよ」

 

「へ?何ですか?」

 

ポカンとしている

仕掛け人の前に立って、

 

私はサラリーマンを

指差しながら言いました。

 

「何ですかじゃねーよ。

人が来たら、すぐに始めろよ!」

 

「はあ?だから、まだ誰も

来てないじゃないですか!」

 

「え・・・」

 

私がくるりと振り向いて

サラリーマンを見ると、

 

今のやりとりの間に

その男は立ち上がっていて、

 

こちらを見て言いました。

 

「あなたは私が見えるのですか?」

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ