合わせ鏡に映る私に手を振れば

昔から家の中には、

大きな鏡があった。

 

悪戯心で、別の大きな鏡を

向かい合わせれば、

 

鳥居に似た

不思議な道が連なって、

 

それに映る自分へ手を振れば、

誰もが同じ動きをした。

 

それからの私は、

 

毎日の様に合わせ鏡で遊ぶ

子供になった。

 

ただ、九番目の私だけは、

ゆっくりと手を振っている・・・

 

そんな気がした。

 

いつもの部屋、

 

友達のいない私は

鏡を向かい合わせにしようと、

 

ズ、ズ、ズ・・・と動かす。

 

その矢先、

 

鏡が倒れ、ガッシャン!と

割れる音が響き、

 

その日は母に

ひどく叱られてしまった。

 

次の日には、

 

以前よりも一層大きな鏡を

買ってきてくれた父に、

 

心から感謝する。

 

今度は慎重に鏡を合わせて、

 

いつもと同じ姿の自分を

見つめていた。

 

暫く眺めていたのに、

全く気付かなかった。

 

異様な・・・もの・・・。

 

顔の半分しか見えない、

数珠繋ぎの私達。

 

なのに、七番目の顔が、

 

つぎはぎをしたみたいな

顔になっている。

 

手を振れば、

ゆっくり振り返してきた。

 

きっと、

 

新しい鏡になったせいだ、

と思った。

 

その夜、

 

以前よりも大きくなった鏡を

片付けるのが面倒になり、

 

合わせ鏡のままにして、

眠りについた。

 

夜中に突然、私は、

寝苦しさで目を覚ました。

 

時計の針を見れば、

ちょうど午前4時を回ったところ。

 

起きるには早過ぎると、

 

着替えだけ済まして

寝直す事にした。

 

ベッドからのっそりと

起き上がり着替え、

 

そして戻ろうとした時。

 

何故か急に、

 

合わせ鏡の事が気になり、

近付いて覗き込んで見る。

 

・・・なんだろう。

 

何かが違う。

 

ふと、身体が凍りつくほど

恐ろしくなり、汗が吹き出た。

 

そんなはずない!

きっと寝ぼけているんだ!

 

そう思い、

もう一度数え直してみると、

 

三番目の私の後ろから、

 

顔だけをスーと傾け、

私が私を見た。

 

なんとも云えない目で。

 

瞬間、

 

心臓が痛いぐらい

音を鳴らした。

 

もう、息をすることも忘れ、

口を大きく開閉させている。

 

あまりの事に瞬きすら

ままならない中、

 

ソレは何事もなかったかのように、

 

三番目の私の後ろに、

重なる様に隠れる。

 

私は決死の思いで、

無理やり瞼を閉じ続けた。

 

どれだけ時間が経ったのか。

 

何日も寝ていない様な

疲労感と恐怖で、

 

落ち着かない呼吸を

錯覚だと暗示をかけながら、

 

保証のない安心を

覚えさせた。

 

もう一度、

深く息を吸い込み、

 

震えながら恐る恐る

目を開いて見れば、

 

そこには同じ私達がいた。

 

四番目の私も、

 

着替えた服に、

苦しそうに息をする私。

 

ほら、

やっぱり気のせいだった。

 

寝ぼけて怖い想像を

してしまったんだ。

 

もう早く寝てしまおう。

 

そう思い、

 

ベッドに向き直ろうと

動いた私に・・・

 

ボソっと耳元近くで聞こえた声に、

足が床に張り付いた。

 

僅かに目の端で鏡を見やれば、

長い指が近くまで来ている。

 

違う、後ろに何かいる。

 

(さっき隠れたのは・・・)

 

いるはずのない気配がして

振り向いた。

 

へばりつく歪な顔に、

目が潰れそうだった。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ