ラブホテルの解体現場にて

解体現場

 

俺の仕事は解体職人。

 

主に内装解体ですね。

 

解体現場には、いわゆる、

いわく付きが多いんです。

 

それで俺が去年に、

 

新宿歌舞伎町のラブホテルを

解体してる時の話です。

スポンサーリンク

解体中に起きた怪奇現象の数々・・・

やっぱり解体という仕事をしているので、

見たり聞こえたり感じたりするんです。

 

現場監督やそこの所長らと、

 

現場をまわりながら

具体的な話をしてたんだけど、

 

俺ら以外は誰も居ない。

 

なのだが・・・

 

扉が勝手に開いたり、

 

水は止めているのに

勝手に流れ出す始末。

 

俺はそのラブホテルに入った瞬間に

何か感じてたんだけど、

 

気にはしなかった。

 

監督達は何か知っているみたいだったが・・・

 

話は戻り、

 

いわゆる解体現場というのは

8割方は電気が通っていないから、

 

ジェネレータという発電器を入れて

仕事をしている。

 

だが、新品で会社が納品した

ジェネレータが、

 

建物の中で使用しようとすると、

すぐエンスト・・・

 

そんなことが初日から続き、

 

業者を呼んでメンテナンスしてもらったが、

これといった異常なし。

 

だが、やっぱり建物の中だと

使用出来ない。

 

監督と話し合った結果、

 

電気屋を呼んで分電盤を

設置してもらうことで決まった。

 

そして点検終了後、作業し始め、

さっきまでの真っ暗な部屋とは大違い。

 

やっぱりラブホテルで、

 

ベット、テレビ、ソファーなどが

散乱している。

 

とりあえずその物などを出してから

本格的に仕事で、

 

搬出してる最中、

誰かに常に見られている感覚があった。

 

たまげたことに、

 

テレビやソファーの下から御札が出てきたり、

ベッドのシーツが真っ黒で濡れていたり。

 

搬出も終わり、

 

本格的に解体作業に入り

ドカドカ壊してると、

 

壁から人形やら雑誌やらが出てきた・・・

 

しかも、その人形の目が、

やけに赤く見えたんだよね。

 

なぜかって?

 

人形を持ち上げた時、

容量的にショートはありえないのに、

 

周りは明かりが消えて真っ暗になり、

その人形だけがクッキリ見えたから。

 

そんな変なことが続きながらでも

作業は順調で、

 

みんなで各部屋の風呂場やトイレを

解体している時、

 

ポン、ポン、

と肩を叩かれたんだ。

 

仲間が呼びに来たのかと思って、

振り向かなかった。

 

「どうした?」

 

『・・・・・・』

 

そこで振り向いたんだけど誰もいない。

 

よくよく考えると、

 

俺は風呂場を解体していて、

扉を閉めて仕事していた。

 

ドアが開いたなら気付くはず。

 

俺のすぐ右側が扉だからさ。

 

しかも、

肩を叩かれたのは左肩・・・

 

その日から、

仲間にも変なことが起こり始める。

 

作業している最中、

 

子供が視界に入り、

通り過ぎる。

 

分電盤はちゃんと起動しているのに、

なぜか投光器が点いたり消えたりする。

 

笑い声が聞こえる。

 

俺を含め、

仲間達が全員聞いている。

 

中には、

 

浴槽を解体中、

浴槽に引っ張られたり、

 

俺は作業中に金縛りになり、

 

ベッドが置いてあった辺りに

人がいるのに気付いた。

 

金縛りには何回も遭っているが、

立ったままでは初めてで・・・

 

その人物は、

ただそこに留まっていた。

 

こっちをジーッと見ながら。

 

仲間が休憩で呼びに来てくれて、

金縛りも解けた。

 

その1週間後にそのラブホは全壊し、

今は駐車場になっている。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。

ピックアップ③【5月】

アクセスランキング

このページの先頭へ