女子トイレで起った不気味な出来事

中学時代の話。

 

心霊系ではないが、

 

あまりにも不気味な

出来事だった。

 

部活の最中、

 

同じクラスの女子二人から

ちょっと来て欲しいと言われ、

 

何かと思い、

話を聞くと・・・

 

部室棟の女子トイレのドアが

一つだけ鍵が掛かっているが、

 

呼びかけても返事が無い。

 

気味が悪いから調べてくれ、

というものだった。

 

面倒だったが、

一応調べることにした。

 

(女子に嵌められる可能性も

考えて、友達一人連れて)

 

確かに鍵が掛かっている。

 

ノックと呼び掛けにも

答えは無い。

 

下から覗いてみたが

足も見えなかったので、

 

再度呼び掛け、

 

返事が無いのでドアに

よじ登って中に入った。

 

中には誰もおらず、

 

なぜか便座カバーの上に、

赤い紙が置いてあった。

 

市販されている、

折り紙の赤い紙。

 

内側から鍵を開けて、

 

その場はただのイタズラだろう、

という事で終わった。

 

次の日も、

同じ事があった。

 

2日目、

 

教師に言うべきか・・・

とも考えたが、

 

その場にいた皆が

怖いもの見たさの様なもので、

 

しばらく見守る事にした。

 

当時3年生だったので、

 

下の者には教師に言うなと

緘口令を敷いた。

 

また次の日も、

同じ事があった。

 

3日目、

 

女子には

自分達で見るように、

 

何か変化があったら

教えてくれと言った。

 

そして次の日も、

その次の日も、

 

同じ事があった。

 

不気味ではあるが、

正直飽きていた。

 

毎日、鍵の掛かったドアと

赤い折り紙ではつまらない。

 

そう思っていた矢先、

事は6日目に起きた。

 

部活中に女子が一人、

部室に駆け込んで来た。

 

「来て!」

 

と俺の腕を引っ張る。

 

行き先はもちろん

女子トイレ。

 

見ると、

 

もう一人の女子が

その場に座り込んでいる。

 

「真っ赤になってる・・・」

 

そう言った。

 

何かと思い、

ドアによじ登ってみると、

 

個室の中の壁が

真っ赤になっていた。

 

正直、固まった。

 

落ち着いて見ると、

 

壁は何かで塗られた

のではなく、

 

びっしりと隙間なく赤い折り紙が

のり付けされていた。

 

さすがに洒落にならん、

もう教師にちゃんと言うべきだ、

 

という事になり職員室へ。

 

トイレを見た教師は

絶句していた。

 

なぜ今まで言わなかったのかと

説教をされ、

 

そのトイレは暫くの間、

使用禁止となった。

 

その後、

色んな噂が飛び交ったが、

 

結局、

犯人は分からず終い。

 

今でも忘れられない

出来事だった。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ