合唱コンクールの曲を決める時に

テープレコーダー

 

私が中学生の頃、

合唱コンクールというのがあった。

 

なんか、うちの学校では

妙に力の入ったイベントらしくて、

 

放課後でも皆残って

練習したりしていた。

 

まずは曲を何にするか?

ということも、

 

教師が勝手に決めるのではなく、

生徒達で決めたりもした。

 

最終的には担任が決定するけど・・・。

 

ある日、

 

私達は音楽室で何を歌うか

選んでいた。

 

たぶん、

 

英語担当の教師(以下K先生)

一緒だったと思う。

 

生徒も私以外に10人くらい

居たと思う。

 

ずいぶん昔の話なので、

当時はテープだった。

 

候補曲をテープレコーダーで

聞きながら決めるわけだ。

 

数ある合唱曲の入った

テープを見ていたら、

 

K先生が「面白いのがあるぞ!」

とか言って、

 

1本のテープを出した。

 

その合唱曲は『木琴』だった。

 

K先生がレコーダーに入れて、

再生開始。

 

最初は普通に曲が始まった。

 

K先生が「ここからがな・・・」

とか言って、

 

皆が妙に緊張した。

 

間奏だったと思う。

 

急に戦火(第二次世界大戦)

悲鳴やら轟音がし始めた。

 

間奏が終わり、歌が始まったら、

それは止んだ。

 

その時は、

 

その『木琴』という曲が中学生には

難しいだろうという事で、

 

コンクールでは歌わないことになった。

 

しかし、なぜか当時の私は、

そのテープを持ち帰らせてもらった。

 

ただの好奇心だった。

 

コンクールが終わった頃、

友人達とテープを聞き直した。

 

あの戦火の部分が、

 

最初に聞いた時よりも

長く鮮明になっていた。

 

悲鳴やら「おかあさん」

と呼ぶ声や、

 

たぶん戦闘機の音だと思うけど、

 

ゴォーという音や、

火災のような音もあった。

 

妙に生々しかった。

 

好奇心はあったものの、

怖かったので、

 

そのテープはそのまま返しそびれ、

自宅に残したままだった。

 

今、私は社会人になって、

実家を出ている。

 

たぶん、そのテープは

まだ実家にあると思う。

 

怖いので、

あれから聞き直しはしていないが・・・。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ