床下帝国を築く奴ら

 

数年前、

 

水道管の水漏れ修理の

仕事をしていた。

 

大体の水漏れっていうのは、

 

家の中で起きて、

すぐに気づくものだ。

 

これは修理もやり易い。

 

しかし嫌なのが、

 

床下で水が漏れていて、

しばらく気づかなかった物件。

 

床下に水溜りが出来て、

そこには特殊な生態系がある。

 

カマドウマをご存知だろうか?

 

毛の生えた気色悪い

バッタみたいなヤツだ。

 

(カマドウマ)

 

アレは水に集まる性質があり、

雨の少ない時だったりすると、

 

実に広範囲から大量に

結集しやがる。

 

床下点検口を開けると、

 

ヤツらが平方メートル辺り50匹は

下らない勢いで蠢いている。

 

人様の敷地に床下帝国を築いて

いい気になっているのだ。

 

帝国には他に蜘蛛やゲジなど、

人気ワースト生物が軒並み揃うが、

 

カマドウマに比べれば脇役だ。

 

数が違う。

 

ゴキブリに至っては、

懐かしい地上の面影。

 

どちらかと言えば、

味方側の存在だ。

 

床下に降りると、

 

ヤツらは驚いて一斉に

ジャンプする。

 

高さ1メートル以上だ。

 

これがイケナイ。

 

驚きの対象から逃げようと

すればいいのに、

 

適当に跳ぶもんだから、

 

こっちに向かって来る

アホカマドウマがいる。

 

なんかもう、

歓迎の踊りっぽいのだ。

 

不思議の国に誘う、

ウサギの気分なのだ。

 

「久しぶりの人間ですよ、

ホホゥ~」

 

敬語キャラに決まっている。

 

顔近くに取り付くのもいるが、

この時に手で払ってはいけない。

 

潰れて汁を出すから、

放置しか出来ない。

 

心に深い傷を負うかも知れないが、

体に臭い汁を負うよりはマシだ。

 

「ホントは浴びたいんじゃないですか?

自分に素直になりなさい。ホホゥ~」

 

的なことも言ってくるだろうが、

そんなのは無視だ。

 

以前、

コウモリだかネズミの死骸を、

 

カマドウマが群れを成して

食っていたのを見たが、

 

人間が床下に埋められたとしたら、

凄まじい光景になろう。

 

俺は怖がりだが、

 

床下で後ろに幽霊がいたとしても、

怖がっている余裕はないだろう。

 

ここに居れることに、

敬意は感じる。

 

雇いたい。

 

一度、家主が帝国の繁栄を見かねて、

俺にバルサンを渡してきた事があった。

 

気色悪い思いをした俺は、

ニヤリとして床下にそれを置いた。

 

後日、

 

煙から逃れようとする

カマドウマが、

 

床上に侵攻。

 

略奪陵辱の限りを尽くされたと

家主が語った。

 

すまない気持になった。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ