ホテルから後輩が居なくなったワケ

仲居さん

 

突然だが私は太っているためか、

イビキがかなりうるさいらしい。

 

先日、伊豆の温泉へ

社員旅行に行ったのだが、

 

私が夜中にふと目を覚ますと、

ホテルの部屋の中には誰もいなかった。

 

どうやら同部屋の軟弱な後輩達は、

 

私のイビキに耐えかねて、

他の同僚の部屋に避難したようだ。

 

「まぁいいわ。

さて、小便でもするかね~」

 

とトイレに向かうが、

部屋の電気が点かない。

 

(後で気づいたが、

 

部屋のキーを挿していないと

電源が入らないタイプの部屋で、

 

後輩がその部屋のキーを

持って行ってしまっていた・・・)

 

ちょっと怖いので、

 

ドアを開けたまま暗闇のトイレで

座って小便をする事にした。

 

・・・いい年の私。

 

 

しばらくすると部屋の方から、

 

『ヒタヒタ・・ヒタヒタ・・』

 

と部屋の中を裸足で歩き回る音が。

 

・・・なるほど。

 

私は後輩がイビキの仕返しに

私を驚かせてやろうと、

 

ドッキリを仕掛けてきやがったな!

と考えた。

 

「さすが我が後輩達よ。

 

だがね!

私はもっとズルイし、賢いんだ。

 

返り討ちにしてくれよう」

 

一人でニヤニヤしながら、

 

そ~っと音を立てないように

部屋のドアから廊下へ脱出。

 

非常口から中庭にこっそり回った。

 

私達が泊まっている部屋は、

一階の角部屋。

 

非常口から外に出れば、

簡単に部屋の外に回り込めた。

 

私は後輩達に気づかれないように

窓の方へと近づき、

 

そっと部屋を覗き込んだ。

 

真っ暗な部屋の中に、

立っている人影が確認できた。

 

私は深呼吸をしてから、

思いっきり窓をガタガタさせて叫んだ。

 

「ゴルァ!!」

 

すると、

私に気づいた人影が、

 

物凄い勢いでこちらにスーッと

平行移動で近づいてきた。

 

「あれ・・・ビビってない?

・・・つーか、後輩じゃ・・ない!?

 

えっ・・?うわぁ!?」

 

見ると、

 

お盆を手にした和服姿の女中さんが、

下を向いたままこちらに突っ込んでくる。

 

「ヤバい!人間じゃない!」

 

私は驚き、

裸足のまま猛ダッシュで逃げた。

 

走りながら振り返ると、

 

女がお盆をカタカタ震わせながら

追いかけてくる。

 

もう後は無我夢中で逃げ、

 

他の同僚を叩き起こして

部屋に入れてもらった。

 

しばらくドアの前をカタカタ音が

行ったり来たりするのが聞こえたが、

 

やがて静かになった。

 

翌朝。

 

部屋から居なくなった後輩に

この話をしたところ、

 

苦い顔をしながらこう答えた。

 

「イビキは関係ないんです・・・

 

○○先輩の寝ている顔を、

ずっと覗き込んでいる女がいて・・・

 

だから怖くなって逃げました・・・」

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ