距離を置かれるようになったワケ

喪服 女

 

俺が高校2年になった時、

同じクラスにYという男がいた。

 

俺とYは気が会う仲で

よくつるんでいたのだが、

 

突然、夏頃を境に、

Yは俺から距離を置くようになった。

 

話しかけても適当にはぐらかされるし、

 

グループ分けの時にも、

俺を避けるようにしやがる。

 

俺もYもクラス内で地位が低いとかは

なかったので、

 

何が原因かなとは思ったが、

 

男の尻を追いかける趣味は無いので

放っておいた。

 

その頃から俺は体調不良で、

よく学校を休むようになった。

 

あまり長期に休むとクラスの連中に

忘れられてしまうので、

 

それでも精一杯出席した。

 

夏休みが始まって、

俺はやっと気楽に休養できるようになった。

 

しかし体調が悪化して、

 

俺は生まれて初めての

入院をするハメになった。

 

原因は不明。

 

症状は、

 

心臓の鼓動数が一定では無い、

肩が妙に凝る、

視界が暗くなる、

 

など。

 

一時は脳や心臓に障害があるのかと

検査を受けたが結果は出ず、

 

結局俺は10月の半ばまで、

病院生活を強制された。

 

家庭の事情(主に入院費)

自宅療養に切り替え、

 

俺の強い要望で学校に戻れた時は、

すでに秋だった。

 

夏服を学ランに衣替えして

久々に学校へ行ったら、

 

皆が驚いた顔をして迎えてくれた。

 

しかし、

一番驚いていたのはYで、

 

喜ぶというよりは、

不審なモノを見るような顔だった。

 

俺はそれを機に、

どんどん健康を取り戻し、

 

病院の診断でも異常無しを頂いた。

 

その年の暮れも迫った冬休み前のこと。

 

クラスから出る途中に、

Yから一緒に帰ろうと言われた。

 

久々の健康のありがたみに

ハイテンションが続いていた俺は、

 

快く承諾し、

久しぶりに話しながら下校した。

 

近くの駄菓子屋で買い食いして、

 

どこかでジュースを飲みながらダベろうか、

という話になった時、

 

Yは近くの神社の境内で休もう、

と言い出した。

 

俺は別に変とは思わずに、

それに従った。

 

俺達が人気の無い神社の

賽銭箱横の石段に座った途端、

 

Yがいきなり無言になった。

 

「どうした?」

 

Y「ん・・・スマン、今まで」

 

「はぁ?」

 

Y「ほら・・・

お前の事シカトしとったやろ、俺」

 

「あぁ~別にいいけど」

 

Y「あれな、理由あってん」

 

「どんな?」

 

Y「別に嘘なら嘘と思ってくれて

ええねんけど・・・」

 

「言うてみいや」

 

Y「夏前からな、

お前の後ろに変な女がおってん。

 

幽霊・・・や」

 

「はぁ?(小馬鹿にした笑い)

 

Y「まあ、一応全部聞いてや」

 

Yがポツリポツリと話し始めた内容に、

俺は圧倒された。

 

時期的には夏の少し前頃で、

 

Yは登校してきた俺を見て、

愕然となった。

 

俺の後ろには、

 

まるで白黒写真から抜け出てきたような女が、

ピッタリと張り憑いていたらしい。

 

柄の無い喪服のような白と黒の着物姿に、

髪の長い奇妙な女。

 

時折、髪の間から覗く顔つきは、

もの凄いものがあり、

 

火傷のせいであろう奇形な顔に、

釣り目どころか逆立ったような目が見えた。

 

その女が顔を吸血鬼みたく俺の首に近づけて、

何か煙みたいなものを吐きかけていた、と。

 

体育の時間にも、

授業中にも、

 

その女はまるで俺の後ろにいるのが

当然のようにそこに居て、

 

クラスの皆はまるで気づいていない。

 

もちろん俺自身さえも。

 

毎日その女を連れてくる俺に、

Yは次第に距離を置くようになった。

 

Yは自分の家族に、

その事を相談したらしい。

 

すると、

 

Y父「絶対に近寄るな!!

 

その女にも!

そのクラスメートにもだ!」

 

と過去最大級の説教を受けたらしく、

理由すら教えてくれない。

 

しばらくして、

俺は学校を休みがちになった。

 

Yは一応その事も、

親に報告したらしい。

 

Y「もしかして、アイツ死ぬの?」

 

Y父「知らん。

ウチらには関係ないやろ」

 

Y「あの女って幽霊なん?

オトンも見えるん?」

 

Y父「たぶん見えるやろな」

 

Y「除霊とかってあるやん?

それやれば・・・」

 

Y父「アホゥ!無理や!死ぬで!

下手したらウチの一族郎党死ぬで!」

 

Yの父親が言うには、

 

その女は自分の色さえも忘れるほどの

怨念を持った霊であり、

 

下手に手を出せば殺されるだろうが、

 

気づかない振りをしていれば、

まだ大丈夫なんだそうだ。

 

Y父「そのクラスメートにも知らせるな。

 

そんな女がいるかも・・・

とすら思わせるな。

 

そのクラスメートが不登校にならなんだら、

お前を欠席させるところやったわい」

 

・・・と。

 

Yはその意見に従い、

俺の様子を窺いながらも、

 

俺を半分死んだ人間として

扱っていたらしい。

 

そして秋、

 

学校に戻ってきた俺の後ろには、

その女がいなくなっていた、と。

 

話が終わると同時に、

 

俺はビビり隠しに、

Yに文句をつけまくった。

 

「嘘言うな!

 

仲直りしたいなら、

別に嘘なんぞつかんでええやろ!

 

そんな女がいたんなら、

なんで俺は今生きてんねん!」

 

Yは黙って腰をあげると、

そのまま俺を置いて帰っていった。

 

Yとはそのぎこちない関係のまま、

やがて高校3年になり、

 

クラスも別々になった。

 

そして今、俺は大学生。

 

あの時の話は信じていない。

 

だが、

 

やはり首筋がスースーする時に、

後ろを振り向くのは躊躇してしまう。

 

もしYの話が本当なら、

 

俺はその女のような霊がいるかも・・・

という認識を、

 

すでに持ってしまっているから。

 

この女の話を読んだあなたも、

どうなるのかは知らない。

 

ただ、部屋の中に居るのに

首筋がゾクッとしたり、

 

妙な空気の流れを

首の肌あたりで感じる時には、

 

後ろを向く時に注意した方が

良いのかも知れない。

 

俺は対処法を知らないし、

一切責任も持たないが・・・

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ