首を吊ろうと向かった樹海で

首吊り

 

あまりに不幸なことが続いた。

 

それをここで紹介する気はないが、

俺は自殺することに決めた。

 

それで少々安易だが、

 

あの有名な樹海へ行って、

首でも吊る事にした。

 

頑丈なロープを持って森に入り、

手頃な木を探す。

 

誰にも見つかりたくなかったので、

森の中を奥へ奥へと歩いていった。

 

長い時間を歩き続けて、

もう方向も分からなくなって来た時、

 

突然、

俺の目の前に人が現れた。

 

歳の頃は40くらいのおっさんだ。

 

お互いに驚いた。

 

こんなところで人に会うなんて

思ってもいなかった。

 

なんとなく気まずい空気が流れた後、

おっさんが俺に話しかけて来た。

 

「あんたも・・・かい?」

 

おっさんは、自分の首を

切るような仕草をする。

 

それで分かった。

 

はい、そうです。と頷く。

 

すると、

おっさんはこんなことを言った。

 

「いやいや、

おれもそうなんだがね・・・

 

ちょっと忘れ物をしてねぇ。

 

日頃からぼけーっと

してるんだけどさ。

 

死のうと思ってこの森に入って、

散々歩き通して、

 

奥の方で手頃な木を見つけた時、

気が付いたんだよね。

 

あ、ロープ持ってない、って」

 

おっさんは照れるように頭をかく。

 

確かに手ぶらだ。

 

なんとも間抜けな話だ。

 

まぁ、言っちゃ悪いが、

どこか抜けてそうな顔をしている。

 

「・・・だからさ、

 

ロープ余っていたら、

分けてくれないかなぁ」

 

仕方ない。

 

ロープは十分に持って来ていたので、

おっさんに分けてあげることにした。

 

「いやいや、助かった・・・

ってのも変な話か。

 

よし、この奥にいい木があったんだよ。

おまえさんもそこでやるかね?」

 

抜け作なおっさんと並んで死ぬのも

なんだか嫌だったが、

 

手頃な木ってのが見てみたくなったので、

取り合えず付いて行くことにした。

 

「えっと・・・確かあっちだよな、

あぁ、そうそうこっちこっち・・・あれ?」

 

予想はしていたが、

さっそく迷っている。

 

ため息が出る。

 

「ハハハ・・・さすがに迷うね。

まいったまいった」

 

目印でも付けておけばいいのに、

と思うが、どうしようもない。

 

「はぁ・・・

おれは本当にダメだな。

 

まったく・・・」

 

フォローする気にもならない。

 

俺は黙って付いていく。

 

「あぁ、もう、新しく探すか・・・

いやいや、ほんとすまんね」

 

別にいいですよ、

と返事をする。

 

そう、

時間なんていくらでもある。

 

急ぐ必要もない。

 

どうせここで死ぬだけだ。

 

そしてまたしばらく二人で歩く。

 

すると、

妙なものが視界に入った。

 

あれ、何ですかね、

 

と俺は前方の右奥を指差して

おっさんに言う。

 

「ん?何だろうな。人・・・か?」

 

妙なもの、とは言ったが、

俺にはそれが何か、もう分かっていた。

 

まだ少し距離はあるが、

前方に大きな木が立っている。

 

その右側の太い枝に、

何かがぶら下がっている。

 

明らかに・・・首吊り死体だ。

 

「うわ、あれ・・・」

 

おっさんも分かったようだ。

 

首吊り死体ぽいですね、

と俺が言う。

 

「あぁ、そうだな・・・

気味悪いね・・・」

 

俺とおっさんは、

恐る恐るそこに近づく。

 

首吊り死体だ。

 

初めて見る。

 

これから俺もこうなるのか、

と考える。

 

特に恐怖も感じない。

 

我ながら無関心だ。

 

俺は先立って、

死体の足元まで近づく。

 

悪臭。

 

クサイ。

 

ひどい臭いがする。

 

何となく死体の顔を見たくて、

俺は上を見上げた。

 

少し歪んだ顔。

 

しかし、誰だか分かった。

 

それは、おっさんだった。

 

俺は慌てて後ろを振り返る。

 

おっさんは驚いた顔をしている。

 

死体の顔に気付いたらしい。

 

「お・・・おれが?

 

あぁ、あぁぁぁ・・・あはは・・・

ハハハハハハハハ・・・」

 

大声で笑い出した。

 

無理もない。

 

気が狂ったかと思ったが、

次におっさんはこう言った。

 

「いやいや、ハッハッハ。

まいったまいった。

 

おれさ、おれ、もう、死んでたんだよ。

いやーまいったまいった」

 

目の前のおっさんが、

ぐにゃりと歪んだ。

 

かと思うと、

霧のようになって霞んでいく。

 

「いやーよかったよかった・・・

死んだこと忘れて彷徨ってたんだな・・・

 

いやー・・・よかった・・・よかった・・・」

 

そして消えた。

 

俺は呆気に取られた。

 

しばらく呆けた。

 

不思議なこともあるもんだと思って、

考えた。

 

考え始めてしまった。

 

おっさんは死んでいた。

 

じゃあ・・・俺は?

 

ひょっとして、

俺も既に死んでいるのではないか?

 

それに気付かないで、

俺はただ彷徨っているのかも知れない。

 

嫌な予感・・・

 

なんだか落ち着かない、

嫌な感覚に襲われた。

 

持っているロープを見る。

 

この状態で首を吊ると、

どうなるのだろう。

 

死んでいる人間がさらに死ぬ。

 

どうなる?

死ねるのか?

 

腕をつねってみる。

 

痛い。

 

痛みは感じる。

 

でも、人間は切断した足の痒みを

感じることもあるらしい。

 

つまりそこに肉体が無くても、

感覚は残っているわけだ。

 

じゃあ、

この状態で死のうとすると・・・?

 

俺は死ねないまま、

ずっと苦しみ続けるんじゃないか?

 

そんなのは嫌だ。

 

首の骨が折れる痛みと窒息の苦しみが

永遠に続くなんて嫌だ。

 

どうすればいいか・・・

 

道は一つだ。

 

『俺の死体を捜すこと』

 

そうすれば成仏できるに違いない。

 

自分が既に死んでいると、

はっきり自覚するにはそれしかない。

 

もう、何日経つか分からない。

 

腹は減らないし、

疲れも感じない。

 

死んでいるのは確実だ。

 

でも、まだ死ねない。

 

消えることができない。

 

森のどの辺にいるのかも分からない。

 

ここから出られる気もしない。

 

なぁ、ちょっとさ、手伝ってくれないか?

一緒に捜そうぜ?

 

俺の死体、見つけてくれよ・・・

頼むよ・・・

 

なぁ・・・

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ