大量の人間の死体の幻を見る様になったワケ

滝

 

10年くらい前の事だが、友人に誘われて山奥の渓流へ釣りに行った。

 

俺は釣りは不慣れだったが、友人は釣りに関してはベテランで、彼の案内に従って渓流を遡(さかのぼ)って進んだ。

 

川の美しさに興奮しながら上流へと進んで行くと、やがて高さ10メートルはある滝に辿り着いた。

 

この滝もまた非常に美しく、俺も友人も釣りを忘れてしばらくその滝を見上げ見つめていた。

 

うっとりと滝を眺めていると、なんと滝の上から水と一緒に”裸の人間”が落下してきた

スポンサーリンク

俺たちが見たものは一体?

裸の人間は落下の途中で岩にぶつかり、鈍い音を立てながら下に落ちた。

 

岩にぶつかる度に手足がおかしな方向に跳ね上がっていたので、おそらく意識は無かったと思う。

 

当然かも知れないが、下に落下した後もピクリとも動かなかった。

 

既に死んでいたのだろうか。

 

それとも、落下によって死んだのだろうか。

 

いずれにせよ、異様な光景に俺と友人はどう行動すべきか、とっさには判断がつかなかった。

 

しかし、とりあえず安否を確認しようとその裸の人間に近づこうとした時、友人が「また来たぞ!」と叫んだ。

 

見上げると、また裸の人間が滝から落下してきたのである。

 

一体この滝の上はどうなっているのか。

 

そう思っていると、次から次へと別の裸の人間が落下してきた。

 

うまい例えが思いつかないが、流しそうめんのように裸の人間が流されて落下してくるのである。

 

裸の人間はどれも20~30代くらいに見え、男も女も流れてきた。

 

壊れた人形のように岩にぶつかりながら落下し、滝の下に折り重なっていく。

 

早く警察に連絡した方が良いと判断し、友人と共に川を下って車に乗り、数十分かけて来た道を戻り、電話が通じる様になってから110番した。

 

「10人以上の人間が死んでいる」

 

人数的にも場所的にも、救急車は無理という事でヘリが飛んだ。

 

やがて、待っているとパトカーも到着したので、警官に事情を説明した。

 

しかし、しばらくするとヘリからは、大量の死体など見当たらないとの連絡が入った。

 

そんなはずはないと地上から歩いて川を遡ったが、死体はおろか滝すらも見つからなかった。

 

それ以降、俺と友人は度々大量の人間の死体の幻を見る様になった。

 

幻は一緒に居る時に二人で見る事もあったが、各々が一人で見る事もあった。

 

大量の死体は農家のビニールハウスの中に満杯になっていたり、海岸に打ち寄せられていたり、到着したエレベーターにぎゅうぎゅう詰めにされていたりと、様々な形で現れた。

 

滝での経験からもう通報等はしないが、忘れた頃に突然現れるその時は非常に驚かされる。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ