大沼の桟橋からの飛び込み練習で

クラスメイトの池上さんから

聞いた話だ。

 

某有名体育系大学の水泳部は、

 

練習に群馬県赤城山の大沼を

使っていたのだという。

 

高原学校でも使われる

赤城青年の家に宿泊し、

 

沼の桟橋から

飛び込みの練習をしていた、

 

というのだから驚きだ。

 

そして、練習の

締めのようなもので、

 

部員全員が下級生から

順に飛び込みをするという、

 

しきたりのようなものが

あったそうだ。

 

桟橋に立ち、沼に向かって

下級生から飛び込んでゆく。

 

そのフォームを

連続写真で撮影していく、

 

というものだったようだ。

 

そして順番は上級生に回り、

 

いよいよ最後の一人が

沼に向かって飛び込んだ。

 

勢いの良い水音と共に、

水中に姿を消したその部員は、

 

どういうわけか、

なかなか浮いて来なかった。

 

他の部員達が心配を始めた頃、

 

飛び込んだ部員が青い顔で、

突然、水面に顔を出した。

 

体力を消耗し切ったように

グッタリとした部員を、

 

他の部員達が助けに行き、

事なきを得たようだが、

 

一体、どうして水面に

上がって来なかったのか、

 

と尋ねられても、

 

部員は知らぬ存ぜぬで

首を振るだけだったという。

 

そして、

大沼での練習が終わり、

 

後日、部員一人ひとりの

フォームを撮影した写真が

 

出来上がったわけだが、

 

最後の部員が

飛び込む瞬間の写真に、

 

目を疑うものが写っていた。

 

手だ。

 

それも、無数の手。

 

まるで、踏み切った部員を

掴み取るかのように、

 

水面から手が伸びているのだ。

 

連続写真を辿ると、

彼が着水するに従い、

 

写り込む手も、まるで、

 

水中に部員を

引きずり込むかのように

 

彼の体を抱え込み

着水しているのだ。

 

それを見てしまった部員は、

 

それきり水泳が

出来なくなってしまったそうだ。

 

大沼の数ある怪談の中でも、

稀にみる危険なケースだ。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ